So-net無料ブログ作成

公衆電話で充電   [道具]



豪州のコインを並べると奇妙な大きさである。
2㌦<1㌦<5㌣<10㌣<20㌣<50㌣
2㌦硬貨が一番小さくて、50㌣硬貨が一番大きい。

50㌣硬貨は無駄なくらい大きくて、本当に邪魔になる。
1964年の五輪記念の1000円硬貨より大きかったと思う。
最も小さい2㌦硬貨は50㌣硬貨の半分くらいで、4倍の価値だ。

ただ、スイカのようなマイキーに1日乗車券分をチャージする時のこと。
機械にお金を入れるんだけど、お釣りが出ないので、50㌣硬貨はここで役に立つ。
ただし、クレジットカードでチャージ出来るので、やはり50㌣硬貨は路上の人へ。




DSC00474.JPG


公衆電話がちゃんとあって、硬貨投入口にコイン各種が記されている。
大きさ基準で図柄があって、全部使えることを意味している。
ただ、50㌣ばっかり使われたら、電話機のお腹はすぐにいっぱいになる。




DSC00473.JPG


公衆電話の前で車椅子の人がじっと座っていた。
チラ見して通り過ぎて、他の公衆電話の所で発見したのだった。
スマホの充電が出来る! 新鮮な感動だった。




DSC00472.JPG


これぞインフラ整備ということなのだろうか。
今は当たり前だけど、日本では、盗電なんて揶揄していた。
しかしスマホ無しは考えられない時代、公衆電話機でスマホを充電、いとをかし。




ファイト!





ファイト!(40)  コメント(2) 

それでもマスク   [道具]




新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。
法治国家ゆえ、不備な法律に規制され迅速な身動きが取れていない。
外へ出て行けない自衛隊と同じもどかしさ。

そんな中、日本への渡航について注意喚起する国・地域が増えている。
また、日本からの入国を制限したり、入国を拒否したりする動きも出ている。
南の島へ逃げようと考えていたが、間に合うだろうか。

じわじわと感染者が増える日本、一気に感染者が600人を超えた韓国。
対応のまずさと国民性の差としても、日本も一気に激増する可能性を含む。
アジアの中でも感染者数を増加させていない国があり、日本より安全だね。




IMG_0034.JPG


昨日の新聞に「まいたうん」が入っていた。
市川・浦安で楽しむ「河津桜・梅」という写真入り特集。
大きく江戸川河川敷が扱われ、約50本の河津桜が楽しめます、とあった。




IMG_0017.JPG


風が強いし、どうしようかなと思ったが、うううーん、出向いた。
外出を控えて亀戸天神も諦めていたけれど、江戸川の河川敷なら良かろう。
と、ほんの一瞬だけど、サクラを楽しんだ。




IMG_0002.JPG


こんな場所でも裕福にマスクを使用している方がいた。
長期戦になるのだから、風が強く、換気の良い河川敷での使用は勿体ない。
4月半ば以降のマスクを手に入れる作戦を思案。




ファイト!






ファイト!(68)  コメント(5) 

運気上昇   [道具]



新関脇の朝乃山が玉鷲を送り出した際、踏ん張りすぎて疲れた。
白鵬と遠藤の取り組みでは、ビビンバを作る手を完全に止めてしまった。
キッチンで3度も踏ん張ってしまったが、いい内容だった。

座布団が舞う両国国技館。
自分もその場に居たかった、投げたかった、両国国技館。
前回の対戦で憎まれ役に堕ちた白鵬、覚えてるのさ、ビビンバ焦がしながら喝采。




DSC07348.JPG


筑波の娘アパートに行くたび、ずっと気になっていた店がある。
インドカレーの店かと思っていたが違った。
国籍不明の輸入雑貨を売り、喫茶と軽食もやっている。




DSC07335.JPG


外に置いてある、木を寄せて作った像はタイから輸入したとか。
アフリカ、アメリカ、アジアの輸入雑貨を見て歩く店内は面白い。
国籍不明の店内、時間の流れもゆるく、珈琲を飲みながら三女の話を聞いた。




DSC07388.JPG


観葉植物やサボテンも売られていた。
三女は研究室用にサボテンを買い、妻も買った。
オレ、ガジュマルを買ったが、こういう表示に弱いんだよね。

西に置くつもり。
異性運に期待して、妻に好かれるようになればいいな。
ボクの純粋な気持ち!




ファイト!






ファイト!(78)  コメント(5) 

礼法   [道具]



一富士二鷹三茄子、オールカラー版で全セットを見る初夢かな。
夢をコントロールする男、夢の続きはまた翌日に見ることもする。
ある意味で不思議だけど、時々、不意打ちで怖い夢が混じってくる。


元旦にすることの初め。
近所のコンビニへ行く。
新聞を何紙か購入してきて読み比べを開始する。




DSC06931.JPG


傾斜の激しい毎日と東京は排除した。
反日急先鋒の朝日は年に一度だけ買って、批判する。
今年は五輪年だから、スポーツも2紙買ったが、ニッカンは朝日系だな。

朝日を大いにもうけさせる元旦だった。
しかし、買いもしないで文句を言うのはおかしいしね。
ちゃんと買ったから、読者として批判し文句を言い、糾弾する。




DSC06928.JPG


母から妻へ送られたものは、古い朝日新聞の家庭欄。
すでに原本はビロビロで読めないが、見越してコピーを取ってある。
そして釘、これは黒豆にしわを寄せない秘伝である。

元旦には仕上がっていて、寸胴と釘が洗われ乾かされる。
母から受け継がれた我が家の黒豆。
我が家でも定着しているのだ。




礼法指南は嬉しいですが.JPG


近所に直球の神社があって、宝神社。
もう、ご利益を期待して、必ずご挨拶をしてから通り過ぎる。
ただ、礼法指南は嬉しいのですが、どのタイミングでお賽銭を投じればと。




ファイト!





ファイト!(85)  コメント(13) 

一陽来復   [道具]



昨日は冬至、妻と柚子湯に入った。
私たちの身は清められ、厄払いは終わった。
そして、ん(運)のつくもの、マロンケーキを仲良く食べた。

運気上昇、大いに狙っている。
暇人かもしれないけれど、そこそこゲンを担ぐ。
やったるでぇ~。




DSC06824.JPG



週の後半から高地合宿でアメリカ遠征が入る三女。
2週間の遠征だから大きなトランクが必要と言い、オレのを貸すよ。
ということで、秋葉原で待ち合わせた。

用事もあったので、空のトランクはコインロッカーに入れた。
700円を惜しむ三女は、持って歩くと言うが、拒否。
ロッカーは預けるためにあるのだよと。




DSC06820.JPG


今年度予算を全て執行したかった。
1月からの飛行機やホテルの代金も、全て支払い終了。
まだ、娘のスーツの予算が残っていた。

プラハに行く前、吊るしで夏場用のそれなりのスーツは買った。
今回は、ちゃんと生地を選んで、濃紺のフォーマルなスーツをねと。
既製品は肩幅で合わせると袖が長くなる、元水泳選手の苦悩。

先月、カンブリア宮殿でやっていた、オーダースーツSADAの秋葉原店へ行った。
吊るしで買った時は3万円程だったが、袖がちょっと長く感じられる。
5万円はかかったが、体にフィットしたスーツ、よく研究活動しているご褒美だ。

女性店員は、三女の採寸をしながら、驚いていた。
肩幅もすごいと思いましたが、こんな背筋は初めて触れました。
まあね、次女はもっとすごいよ、と言いかけて、次女はスーツを着ずに制服組。




DSC06849.JPG


その服屋さんがよく分からず、道に迷い千代田区神田岩本町を歩く。
そのおかげで、岩本町界隈に「山崎製パン」の本社があることを知る。
そのせいか、つくばエキスプレスの改札を出た近くに、ランチパック専門店。




DSC06814.JPG


パン好きの三女は、美味しそうだけど160円じゃ買えないと言う。
いいよ、好きなだけ選べ、パパが買ったげるから。
学生さんだから、甘えていいよと、じーじの出番じゃ。



ファイト!





ファイト!(87)  コメント(10) 

万年筆で旅   [道具]



あ、そーだ、と思い出したのでHPをチェック。
5月末に応募していた懸賞童話、どうだったかなと。
タイトル『ぼくは泳げない』を探したけど、載っていなかった。

楽しく書けたし何十回も読みなおして、いいなぁと思えた。
そういう自己満足を大事にしておきたい。
10万円は手に入らなかったけれど、別に困りはしない。

吉行淳之介の『子供の領分』みたいなものだけど。
おそらく路線は続き、自分の原点なんだと思う。
また来年。




DSC08740.JPG


ついでに思い出したのは、万年筆をもらったこと。
保証書には「お買い上げ日」が書かれていて、2015年3月15日。
最後の授業が終わった後に、その教室の廊下で花束と共に渡されていた。

せっかくもらったものだし、使うかな。
どう見ても安物ではないけれど、今日から酷使する。
まずは、誰かの悪口を書き、恨み日記を再開するかな。




AA4I5007.JPG


昨日は、妻の職場の飲み会だった。
稼いでいるのだから、ストレス発散で、楽しく飲んでくるのはイイことだ。
私ができることは今日のお弁当用に、リクエストの栗ご飯を作ったこと。




AA4I4925.JPG


昨日の雨は鬱陶しくて、少し不快であった。
被災地と呼んでいい千葉県の南部、沿岸部にも無情の追い打ちだもの。
死体が流されたり、崖崩れが起きたり、まだ被災地に追い打ちをかけよる。


八千草薫さんが亡くなり、緒方貞子さんが亡くなり、時は流れていく。
あしたは俺の番だ、と鶴田浩二が同期の桜で語っていた。
有限界を彷徨いながら、さて、何処へ辿り着こうか。

今日から暫く、新しい、万年筆の旅。



ファイト!





ファイト!(85)  コメント(6) 

GゼロクッションDX   [道具]



降りかかる問題は選べない。
しかし問題に向かう態度は自分で選べる。
    (オイシックス社長/高島 宏平)




DSC07432.JPG


昨日は、スポーツの秋だったのかもしれない。

東レパンパシテニス、大坂なおみの優勝は、圧縮した1時間枠番組で楽しんだ。
ラグビーあり、女子ゴルフは渋野の大逆転と、地上波で楽しめた。
大相撲九月場所、3敗での優勝だけど、優勝決定戦まで楽しめた。

久々に妻の料理を楽しむことが出来た。
思い出のグラタン、ええなぁー。
また今日から私の愛情を込めた手抜き料理が晩ご飯となる。

食欲の秋も始まるのだろう。




DSC07435.JPG


股関節に難のある妻、同じ姿勢で座り続けるのがきついと言う。
ずっと気になっていたけれど、クッションを買って、少しでも楽に。
GゼロクッションDX(7560円)を妻とわたし用に買った。

妻も少しは楽だと言い、私も長時間座っているので愛用することになった。
まるで無重力と言うのは私には嘘で、しかし、座っているのは楽である。
別に玉子を置いて座ることもないけれど、腰痛は避けたいからね。



ファイト!





ファイト!(85)  コメント(6) 

能作の錫100%タンブラーは魔法使い   [道具]



『なつぞら』が9月28日で終わる。
昨日は確実に「あきぞら」が始まっていた。
空にも秋の気配、窓を開けて寝ると肌寒さを感じるようになった。

もう暫くすると、おでんの季節になり、鍋の時期が到来する。
しかしここはもう北海道ではないので、タイヤ交換の心配がない。
さらに、雪かきに除雪、排雪の心配も不安も全くないのは心理的余裕。




DSC07393.JPG



平常心を保てば、大関復帰を決めた貴景勝が優勝に一歩リード。
そしてW杯ラグビー、日本の初戦となるロシア戦が今夜ある。
悔しいけれど国立で夜学、勝ちが期待できるので、情報を遮断して録画を見る。




DSC07401.JPG



先週のカンブリア宮殿を1.3倍速で見た。
錫100%の技術力、ブランド鋳物メーカー能作の社長がゲスト。
加工の困難な錫100%で、タンブラーやぐい吞みまで作る。

広瀬すず100%ではなく、錫100%。
番組では能作のタンブラーを使ってハイボールを出す店が紹介されていた。
どの客も、全て、感激的に美味しいと笑顔で言うのだった。




DSC07411.JPG



江戸川を渡って2駅向こうの新小岩駅、南口徒歩1分。
妻も餃子でビールを所望していた夏、餃子に誘って訪れた。
餃子も美味かったが、注意事項。

一口で食べなさい、ニクジュウが飛ぶわよ。
妻の口から肉汁注意報が出たのだが、飛んだ。
カリカリの王将餃子もいいけれど、この、肉汁餃子も好き、タレなしで食う。




DSC07417.JPG



基本的にハイボールは失望するから注文はしない。
しかし、カンブリア宮殿の影響を受けやすい私、錫100%タンブラーにて。
驚いたことに、なんと、ハイボールが旨いやんけ。

付き合いで一杯飲むのが精いっぱいの私なのに、お代わりをした。
これはどうしたことだ。
今月末に日本橋に能作が出店するので、魔法のタンブラーを買いに行く。

もうちょっと早く知っていれば敬老の日だよって宣伝したんだけど。
金には困っていないふりして、自分で買う。
安物の酒をうまく変身させるタンブラーなら、買いである。



ファイト!





ファイト!(81)  コメント(7) 

大好きなノート   [道具]




ぼくは勉強が好き。
新しいノートに字を書き入れるとき、わくわくして嬉しくなる。
時代も貧しかった子どもの頃、なかなかノートは買ってもらえなかった。

大人になってお金に不自由しなくなると、ノートも贅沢に買う不思議。
月に6回ほどの勉強会に出ている現在、ノートの消耗も急増した。
銀座の伊東屋で気に入ったノートを買っている。

台風の影響で不安定な天気だったが、ノートがなくなる。
だから昨日は、伊東屋に行く必要があった。
たかがノートだけど、こだわりがあって動く。




てんとう虫も勉強する.JPG


銀座4丁目、和光のショーウィンドウ。
てんとう虫の視点で時計を見ているらしい飾り付け。
覗き込みながら、斜め向かいのビルと曇り空が見えるのだった。




銀夏.JPG


暑すぎる界隈だから、三越で涼ませてもらう。
ここは写真撮影OKの場所で、季節ごとに楽しませてもらう。
ステキな場所で、好き。




空は変わる.JPG


ノートを取ると言った時、板書だけを書き写す人が多い。
でも私は、板書事項はもちろん、講師が喋っていることを徹底的に書いている。
授業では録音OKなんだけど、聞きながらまとめながらノートを取るのがいい。

物凄い情報量を、ノートに書き込んでいるので、物事が見え始めている。
ただ、それを外部発信するチカラがなくて、上手く言えないのがもどかしい。
しかしやがて、いま起きている事象を、わかりやすく説明できるようになりたい。

再び教師になりたいのではない。
上手く説明出来るということは、しっかり理解したということだから。
例えば、ウォン安の度が過ぎて、韓国経済の破綻が近いことを説明できるようにね。



晴れたり曇ったり急激な驟雨に襲われたり。
おいおいお天道様、何やってんだかね。
オレはちゃんと見てるぜ、オレも恢恢疎にして漏らさず。




ファイト!





ファイト!(79)  コメント(6) 

タグの意味   [道具]



昨日、夜学の帰りのこと。
国立から快速で御茶ノ水まで行き、総武線に乗り換える。
秋葉原で乗ってきたたくさんの人、座っている私の前に女性が立つ。

彼女はリュックを持って立ち、周囲の酔っぱらいとは違った。
気になったのはタグ、お洒落でも飾りでもなく、メッセージなのか。
赤地に白い十字とハートのマーク、スマホで検索した。


20180912-OYTET50014-1.jpg


ヘルプマーク」と言うらしい。
対象者= 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方
ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら= 電車・バスの中で、席をお譲りください。外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。


検索したページは「東京都福祉保健局」だった。
私は、市長が高級公用車に乗る市川市民だが、席を譲った。
隣りでゲームをしてる若僧を差し置いて、ええかっこしいのオレ。

ぎゅうぎゅう詰めだったから、彼女の前から立ち去るわけにはいかなかった。
彼女が降りるまでの15分、知らん顔して週刊誌の中づり広告を4回も読んだ。
見ず知らずの人に席を譲っただけなのだが、オレっていい奴だなと思った。

このタグはいいアイデアだと思う。
市川市長も高級公用車を宣伝するより、こんなアイデアを生んでくれたらね。
年寄りだからと偉そうにするジジイには譲らないけど、弱者には常に譲る。

当たり前のことをして気持ちいいのも変かな。
世界は救えないけど、目の前の弱者は救えるってこと。
今日もおいらはイイ人を演じたい。



ファイト!






ファイト!(88)  コメント(12)