So-net無料ブログ作成

浮世絵で学ぶ   [勉強]



昨日も富士山がよく見え、4日連続となった。
やっぱり気分が良くなってしまう、美しきフジヤマだ。
江戸東京博物館でもうすぐ終了する「大浮世絵展」を見に行った。

特別展・常設展共通券 800円、半額であった。
初めて65歳以上割引を使ったのだが、味を占めた感じがする。
ごめんなさい、安く入りました。




ukiyoe_banner_1.jpg


喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳
五人の人気浮世絵師の作品が並ぶ。
多くは海外の所蔵コレクション、お借りしたのだね、金を払って。




AA4I5654.JPG


個人的には、北斎、広重、歌麿と好きな順。
見たことのある、お馴染みの作品も多く、オレって浮世絵ファンかしら。
お茶づけ海苔のオマケ、広重作「東海道五拾三次」カードで記憶した。




AA4I5693.JPG


ともすると、作品を見るより作品解説を読む時間が長くなる。
まずは作品だろと、見て眺めて格闘して、気になれば解説を読む。
幸いに、音声ガイドがあったので借りて、知識も掘り下げるのだった。




AA4I5738.JPG


構図や、デフォルメという視点は、浮世絵から学んだ人生だったように思う。
絶対恩師の「画狂北斎愛」の影響も大きかったように思う。
もっと勉強しないとな、始めないとなと、気合いの入った一日だった。

全ての作品をじっくり見て回ったから、時間もかかり疲れてしまった。
6階にある常設展も、思いのほか見て回るものがあり、楽しかった。
半日がかりの遠征だったが、充実した時間を過ごした。



ファイト!






ファイト!(79)  コメント(6) 

晴れた日に   [勉強]



昨日は快晴が午後まで持ち、洗濯物がよく乾いた。
アイリスオーヤマの除湿乾燥機はあるけれど、太陽光で乾かしたい。
太陽光で乾かしたパジャマは、良い夢を見させてくれるんだ。



DSC07495.JPG


三女が研究会で韓国へ行く。
デサントがらみで、まあ行くのは良しとして、気をつけてと言う。
いつかの踏みつぶされた段ボール箱も、デサントのマークはあったし。


世界へ出すために、三姉妹には護身術は身に付けさせていた。
三姉妹全員、少林寺拳法の有段者、黒帯である。
しかしながら三女はオマケで始めて、おまけの有段者、少し不安。




DSC07511.JPG


ハズキルーペが来るまでは、占い師の天眼鏡を使っている。
占い師の天眼鏡は、先を見通すには最高かもしれない。
四季報はワイド版を使用するが、真剣に見通すときは天眼鏡の登場だ。

最近、ノルウェー政府が大株主の会社をチェックしている。
あと、ルクセンブルク国立貯蓄銀行が大株主の会社。
配当がいいのも事実だが、彼らなりの眼で将来性を買っているのだし。

晴れた日に永遠が見えるのは、バーブラ・ストライザンド。
天眼鏡が今日も、未来をのぞき込むのだよ。
電信柱の地中化、国策となることを期待したい。



ファイト!





ファイト!(86)  コメント(7) 

産業革命開始   [勉強]





クエン酸が足りないのよと、リケジョの妻が冷笑し。



キレートレモン(155ml)
 希望小売価格(税別) 115 円
 私は近所のBig-Aで70円にて購入
596x596x1c89f3202b2bfcf80009e2c1.jpg
1本当り
 クエン酸 1350mg
 ビタミンC 1350mg

クエン酸には、疲労軽減や早期の疲労回復が望めるようです。
拙宅ではキレートレモンを大量購入しますが、飲み忘れて足が攣る。
寝る前の日課にして、良い眠りを作りたいと思うのでした。





DSC04148.JPG

昨日は日経フォーラムに参加して、時代に付いて行く努力をしました。
「 AI・IoT 時代の新たなものづくり」というテーマで4氏の講演2時間50分。
産業革命という分岐点が昔あったようだが、いまものすごい分岐点にあるぞ。

偽装問題や、暴力問題、データ改ざん、連発している現在。
これって、システムと言うかモノづくりの態勢が激変してるんだ。
新しい時代が、大爆発するんだと思った。




DSC04151.JPG


老人の船は作らなくてもよく、置き去りにされるんだ。
いいときに高校教師としての定年退職を迎えていたと思う。
もう、学校教育が間に合っておらず、しかも、老教師はついていけない。

あとは若いもんに任せて、親族のみにて、遊ぶぞ。




DSC04199.JPG

帰り道、天気は悪かったけれど、KOME さんのマネをした。
カメラをさかさまにして撮ったら、面白いぞと思った。
天気のいい日にまたやってみようと思った。




ファイト






ファイト!(82)  コメント(8) 

四季報の読み方講座   [勉強]






昨日は36℃とか37℃と言う残酷な残暑だった。
外出禁止を早々に決め、自宅謹慎とした。
それでも娘たちの布団を干したり、日焼けを伴う作業だった。



AA4I3643.JPG


夕方、NHK学園 市川、秋の講座の申し込みを思い出した。
市川駅に隣接の「ザ タワーズ ウエスト」最上階(45F)へ行く。
驚いたことに、もやがかかっていながら富士山のシルエットが見えた。




AA4I3651.JPG


江戸川の上流方向を見ると、雷が近づきそうな雲行き。
柴又や金町方向の発雷確率が気になった。
江戸川のおおらかな蛇行が好きだ。

ベンチに座って夕日を観賞するご夫婦。
望遠カメラで夕日を写す人。
涼みながらボンヤリ過ごすのも手である。




AA4I3655.JPG


高さゆえの錯覚か、自分ちが近くに感じられる。
こんどバルコニーに星条旗でも掲げて、目立たせるかな。
近くに見え過ぎたことを驚く。

秋の講座は、またもや東洋大学の先生、楽しい授業だ。
テーマは「会社四季報の読み方」である。
これは苦手分野克服の講座になる。





ファイト!






ファイト!(107)  コメント(6) 

30分で日経を読む   [勉強]





パンパシ水泳2日目が終わり、拳に力を入れるのだが、あーあと溜息をつく。
池江璃花子さんに多くのことを期待しながらも、世界の壁を感じる自由形。
やっぱり体格で差がついてしまっているが、そこをなんとかホニャラ判定。
なんとか、ならんかいな。




AA4I0909.JPG


台風は何とか逸れて行ってくれたが、暑さがぶり返した。
何だかダルく感じるのは衰えだけではなさそうだ。
北海道仕様のニクタイがダメージを受けたのかな。




AA4I0910.JPG


運動がてら外出を試み、運転免許の更新でも行ってくるかな。
今回の更新を終えたら、もう1回するかどうかだな。
もう1回したとしても、身分証明書替わりかな。




AA4I2429.JPG


[新月] トルコ止まらぬ通貨安 対米関係悪化、市場は危機警戒
[新月] ルーブル・株価大幅下落、制裁発動前に市場動揺
[新月] 3週間ぶりに日経平均株価の下落幅が300円を超えた10日の東京株式市場

今年の後半もトランプに振り回されているようだけど、しっかりしたいニッポン。
アメリカの火の粉をかぶらない場所で、インドやフランスと仲良くしましょう。
大きく動き出す前兆を感じながら、日々の暗いニュースを読み飛ばしている。

印象操作ばっかりやってる新聞には振り回されない。
結局、重要なニュースは、さりげなく土曜の日経新聞に放り出される。
今日の日経は、隅から隅まで30分で読んじゃおうっと。




ファイト!







ファイト!(93)  コメント(4) 

経済新聞読み解き講座   [勉強]





NHK学園の単発講座に参加している。
90分×3回=12,000円 東洋大学の先生による「経済新聞読み解き講座」
2回目に参加して、これが一番楽しい講座と思う。

いい授業に出ると、自ずと笑顔になってしまう、悪人顔でもね。
毎回の課題が楽しくて、手を挙げて答える勇気はないけれど、身につくぞ。
日経は30分で読み終えて、後は好きなことをしよう。 ナルホド




AA4I0635.JPG


新聞を読むのに、人より賢くなろうと思っちゃダメ。
人より知識を増やすのではなくて、世の中の流れを読む。
そのための情報を集めるのだ、と。




AA4I0645.JPG


小さな記事からキーワードを拾い、この先どう変わるかを読む。
そういう目と頭を鍛えるって話。
ちょっと無駄な読みをしていたなと、ここからが逆襲。




AA4I0646.JPG


キーワード読みも保存も、ネット版なら楽にできると再確認。
ちょっと趣味のスクラップが楽ちんだぞ。

 電動化やコネクテッドに対応してクルマが変わると、内装も変わる。ドアの内側も、タッチモニターを搭載するなど機能を進化させる必要がある。    自動車内装部品の河西工業の堀浩治社長は「電池などへの投資が増えると内装コストが削られる」と危機感を持つ。高付加価値な部品を提案しようと、4月に商品企画室を設けた。完成車メーカーが示したコンセプトに沿うだけの姿勢から、脱却を目指す。 (8月1日(水) 日経朝刊・11p ニュース一言)

こんな小さな記事の中に「変わらない強いもの」を発見していく。
燃料電池の話より、タッチモニター搭載のドアの話は新しい。
一歩先を考えるって、すこしだけ、わくわくする。





AA4I0625.JPG


猛暑が再び襲うけれど、楽しい勉強はワクワクしながら、もっと楽しむ。
アホな会長や理事長の話からは思いっきり遠のいて、社会を読むぞ。
ちょっと、活力がみなぎって来るではないか。




ファイト!







ファイト!(109)  コメント(5) 

ブタがおだてられたぜ   [勉強]





お褒めの言葉をいただいた。
勝手に自分ではそうとらえ、ウシシとニヤけるのだ。
教え子のメールをそう読んで、これからも、脳天気に行く。




AA4I4030.JPG


話は変わります。
先生のブログ、すっかり景色が変わりました。
悪い意味ではなく、当たり前ですが季節感というか時期にずれを
感じます。
また、見たことのない風景など新鮮です。
しかも、マクロが来ました。(笑)
そのうち、虫なども撮っていただけると面白いのですが
先生は虫苦手っぽいですね。(笑)




AA4I4060.JPG


何人かの方から写真が「変わった」と言われ、やっぱり Canon だなと思った。
高いだけあって、「一生もん」やなと思う。
信頼する人から与えられた選択肢の中から選んだカメラ、良かったぁ~。




AA4I4061.JPG


足元には、150-600㎜もあり、明日が出番かな。
これは一人でもチャレンジするぞって、気合が空回り。
TELE CONVERTER も持参して、少しだけ深みさん。




AA4I4073.JPG


昨日、性格判断か心理分析の問題があって、やった。
四字熟語を書けと言い、「神出鬼没」と書いた。
書き終わったら、もう一つ書けと言われ、「快刀乱麻」と書いた。

何を表すかその後言われるのだが、興味深い話だった。
その話は明日書くので、娘よ、キミもメモしておきたまえ。
って、テレビ見た人は知ってる話。




AA4I4119.JPG


東京に移って来て良かったなと、どさくさに紛れて書く。

東京フリーきっぷが、隣駅の本八幡から使用可能で1590円。
都営地下鉄、都バス、都電荒川線、東京メトロ(全線)、JR線(都区内)
これらを1日に何回でも乗車可能。

今月中にこれは体験しちゃおうって積極策。

来月からは「いちかわ市民アカデミー講座」に参加だし。
毎月の土曜に1回、「これからの安心・安全」10講座。
和洋女子大学コースを選んだのは、セクハラじゃないぞ。




ファイト!






ファイト!(119)  コメント(8) 

蓮と睡蓮の区別を学ぶ   [勉強]





西日本では局地的な激しい雨に注意と言い

関東各地は今年一番の猛暑だと言う

温帯低気圧が来る前に北海道大学植物園へ行く






北大植物園

「バラとハスが見ごろです」と誘われて行く

蓮と睡蓮のチガイを学ぶ君



ネッタイスイレンだぞ.JPG
( ネッタイスイレン )

北大植物園

年パスがなく入園料は420円である

いたい






ネッタイスイレン.JPG
( 温室にて )

カメラ女子と譲り合って写す

絶対に独占しないオジサン

今日も好感度アップ






温帯低気圧前の試練を受ける睡蓮.JPG
( 温帯低気圧前の試練を受ける睡蓮 )

ときおり刺す強い日差しを受け暑そうな、睡蓮

睡蓮は葉っぱとその咲き方、花の中に違いを見る

蓮と睡蓮、見てその違いが分かるようになった






ハス「精華」.JPG
( ハス「精華」 )

花の中央を見て、キミは蓮だねと話しかけるオレ

植物園での学習効果が出てきた

・・・看板があって、これはハス「精華」とある






ハス「ネール蓮」.JPG
( ハス「ネール蓮」 )

ここにも看板があって正体が分かる

が、名前は三日もすれば忘れるだろう

蓮と睡蓮を見分けることができればそれでいい






ハスまだ子ども.JPG
( ハスまだ子ども )

蓮はね、ハス、葉っぱがつや消しでお上品

蓮と睡蓮の違いを学んだら

売りの薔薇やそのほかを見て歩く





こうして母への写真が集積され


さらにつづく





ファイト!






ファイト!(130)  コメント(18) 

小説家 人工知能   [勉強]




「はこだて未来大学」の人工知能が、2017年までに「星新一ふうの小説」の完成を目指していると聞いていたが、おそらく日経「星新一賞」に挑戦するようである。過去3回には応募していないが、今秋の第4回、おそくとも来秋の第5回には作品を出してくるのかも知れない。




DSC09088.JPG


応募規定には、次のような項目もある。
人間以外(人工知能等)の応募作品も受付けます。ただしその場合は、連絡可能な保護者、もしくは代理人を立ててください。審査の過程において、コンピュータをどのように創作に用いたのかを説明して頂く場合があります。





DSC09189.JPG


星新一からのアドバイスによると、
「読んで笑った小説があったら、その場でそれを覚えなさい。いいなぁと思った短編があったら、筋を要約して覚えこみなさい。 漫才や落語を聞いていて吹きだしたら、その部分をすぐに暗記すること。テレビのスパイ物を見て楽しかった場合も、また同じ。 映画を見て帰ったら、家の人なり友人にストーリーを話すようにしなさい。こんなことをくりかえしているうちに、しぜんとコツのようなものが身についてくる。」


人工知能の勝利を阻止する秘策を考えて、あれこれ調べているうちに、星新一からのアドバイスに辿り着いた。これは、ショート・ショートに限らず、創作の世界の基本事項であり、ドストエフスキーや坂口安吾が言っていた「模倣から創造」の話である。こうやってポイントを絞れば、「蓄積と分析」という、最も人工知能が得意とする作業であり、やがて勝ち目がなくなってくるのではないかと、ゾッとするのである。



ファイト!




シンギュラリティ(Singularity)   [勉強]




「はこだて未来大学」というのがあって、公立の大学である。数年前、私が主任をしていた学年で、センター失敗組の北大危険水域連中を送り込んで、感謝されたことがあった。くすぐったかったけれど、良い大学だから、生徒に勧めただけのことである。



DSC08762.JPG


はこだて未来大学の松原仁教授が、人工知能開発に取り組んでいる。AIによる創作に着手して、星新一のショート・ショート1000作品以上を分析、2017年までに「星新一ふうの小説」の完成を目指すという。






DSC08656.JPG


AI小説の仕組みは、
  ① 構成の作成      (人間が与える)
  ② 言葉の候補入力   (人間が与える)
  ③ 具体的な言葉を選ぶ (AIがおこなう)
  ④ 最終的に文章にする (AIがおこなう)
ゆくゆくは全てをAIにやらせると言い、現時点(③④工程)での創作は出来るようになったと言う。






DSC08907.JPG


私の出た大学も卒業制作を実施しているのだけど、ろくな作品(小説)がないと、教授が年賀状レベルで嘆いていた。確かにそうだろうなと、経験として幼稚な子どもを送り込む身には、鍛えていなくてゴメンナサイ、である。おそらく、AIに負けるだろうな。






DSC08929.JPG


しかしな、と思うのだ。「人間ひとりひとりに適した」小説が毎日届けられるようになって、あるいは、端末に接続した今日の「私」が分析されて、今の私の情緒に応じた作品が送り届けられるようになったら、おそらく敗北の始まりだろうなと思う。おそらく、人間が変わってしまうからだ。




ファイト!