SSブログ
前の10件 | -

ワクチン接種2回目終了   [日常]



御多分に漏れずという話。
月曜、ワクチン接種の2回目をしてきた。
2回目の方が副作用の症状が出ると聞いていたが、当たった。

打った日は、腕がどんよりと痛んだ。
バットで腕を軽くヒットして、痛いなぁと押さえているような鈍痛がした。
救急車を呼ぶような話ではなくて、我慢できる鈍痛だった。

昨日の朝、熱を計ると37.1℃だった。
この1年間、非接触型体温計が37℃を示すことはなかった。
自分でも熱っぽい気がするので、これが副作用かと思った。

昼前に、義母様を東京歯科大学 市川総合病院に連れて行った。
入り口に、サーモカメラによる非接触式検知器があり、私が映り真っ赤になった。
37.7℃を示し、別枠で精密検温をし、38℃近いので中には入れないと言われた。

前日に2回目のワクチン接種をしている旨を言い、でも、ルールだから入らない。
妻が車椅子を押して義母様を連れて行き、終われば合流することにした。
こういう対応を一人でやっていたら大変だから、妻のお手伝いの運転手。




AA4I2599.JPG
7月19日(月) 午前4時46分 水元公園の日の出前

水元公園は、東京都葛飾区にある都立公園だけど、バカでかい。
ここへ行くまで自宅から1時間近くゆっくりと自転車を漕ぐ。
この日は、真っ暗な河川敷で、おそらくコウモリの奇襲に驚かされた。

おそらくあの変則的な動き、集団、コウモリだったと思う。
ゴーグルをしてカメラをぶら下げ奇っ怪な男が自転車で走る。
コウモリが来ないように手を大きく振りながら走る、だって怖いんだもん。




AA4I2601.JPG

この日は朝靄が見えなかったけど、日の出を拝むことが出来て運気上昇。
5時を過ぎるとランナーや犬の散歩が出始めるけれど、それでも混雑はない。
しかも森があるので、空気は綺麗だと思う、森林浴。




AA4I2620.JPG


さてワクチン、副作用が怖いとよく聞く。
確かにそうだろうが重症化リスクが激減するのだし、人への感染も抑制できる。
コロナをまき散らす側にはならないで、外出の自粛とワクチン接種は私の義務。

健康上、病状からワクチン接種が出来ない人もいる。
それは仕方がなくて、そのぶん、自分も集団免疫に寄与したい。
本当に我慢してきたんだから、ドイツの長女に会いに行きたいし。




AA4I2645.JPG


そして昨日、午後からダルさが出てきたし、無理はしない。
ファイザー製薬のワクチン2回接種完了、微熱と関節の痛み、頭痛と目まい。
だが、感染して重症になる大苦痛を思えば、この程度は良しとする。

自分の判断基準だが、打ってからの3日間、休酒。
不要不急の用事以外は外出をせず、ノンビリゆっくりする。
頭が痛いのに読書しても、入ってこないし。



ファイト!





ファイト!(98)  コメント(14) 

ふつうに生きている   [日常]



天気図から梅雨前線が消え、梅雨明けは近いと思った。
その日の未明、3時過ぎに家を出て、暗い中を江戸川沿いに遡った。
目指すのは水元公園、夜明け前の、木々の呼吸を写しに行こうと思ったのだ。

自転車のライトを目指して虫の夜襲がある。
比較的小さい目を持つ私は、虫が入れば取れにくい弱点がある。
だから、奇怪だろうがゴーグルをして走った。

野良猫や鳥、蛇などが飛び出し、ミミズも行進しているので、ゆっくり走る。
だから1時間近くもかかってしまったが、予想通りの景色を手に入れた。
16日、金曜の夜明けの話。




1 到着は午前4時.jpg

河川敷ゴルフ場で頭にライトをつけて、金を払わずゴルフをする人がたくさん。
打ったボールを探すのだろうが、その光景は怪しくて、事件性を思い怖かった。
やがて健康的ゴルフ年寄りだと気づき、通り過ぎ、水元公園、絶賛。




2 空が焼けて.jpg

日の出の方向を仰ぎ、待機するが、蚊の攻める音よ。
空の色が変化していき、やがて空が焼けていく瞬間が好きだ。
すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる、これは春。




3 日が昇り.JPG

太陽が出る場所には厚い雲があり、ご尊顔の拝見は次回ね。
おもしろいことに、急激に湿度が上がることを体感する。
おそらく木が呼吸しているのではないかと、おかえりモネの影響。




4 明るくなり.jpg

仲の良いご夫婦だと勝手に思っている。
そう遠くはないご近所に住んでいるのだと思う。
前日も4時20分、ここに座って語らい、うちと同じだなと妙に安心する。




5 さらに呼吸が始まる.jpg

いずれ太陽のお顔も撮れる日は近いと思う。
世間とは隔絶した、こんな東京が好きだ。
雑音を排除して、生活を楽しむ。

大相撲の全勝対決を大いに楽しむ。
いろんなスポーツの真剣勝負が密集するので、楽しむ。
水泳競技も、目に焼き付けて、応援する。

生きてるって実感をしながら、このままじゃいけないから、もう少し考える。
バカには心の中でバカと言い、笑顔で軽蔑しながら、距離をあけて生きる。
明日はワクチン接種の2回目、粛々と進めていく。



ファイト!





ファイト!(97)  コメント(18) 

本当の所は、どーよ   [新聞から]


千葉県浦安市に東京ディズニーランドがある。
浦安よりもっと、どうあがいても千葉県ぽい場所に袖ケ浦市がある。
東京ドイツ村は、その袖ケ浦市にあるのだが、東京を冠している。

千葉県内をドライブしていて、見るからに田舎という景色に千葉かなと思う。
しかし木更津市にしろ袖ケ浦市にしろ、少しばかり街を感じるのだ。
湾岸を走ればコンビナートがあり、工業地帯御用達のトラックばかりである。


一昨日、久々に晴れたのでバルコニーに洗濯物を干し、ドライブに出かけた。
目指すは東京ドイツ村、百合が咲き誇っていると聞き。
入園者数の何倍もの従業員という、客の少なさに驚いた。




AA4I2172.JPG


どこがドイツ村なのか、意味不明だった。
売店では、バームクーヘン、ソーセージ、ビールが山のように積まれていた。
誰もがドイツを想像した時、思い浮かべるものが並べられていた。

ここはドイツの物産直売所なのかと従業員に尋ねたが、違っていた。
なにゆえにドイツ村なのかと問うと、オーナーの好みだそうだ。
ある時おとずれたドイツの田園風景に、この場所がそっくりだったからと言う。




IMG_7177.JPG


入園料800円、駐車料金1000円。
園内は自分の車で移動できるのだった。
歩かずに園内を周遊できる。

広めの自動車教習所みたいな敷地を周回したが、何もなかった。
休日なら子ども連れで人も多くなるのだろう。
ドイツビールを白、黒と、しこたま買って帰った。




IMG_7185.JPG


大リーグのオールスター戦、ホームラン・ダービーを見た。
大谷翔平が大人気だと分かったし、あれはキツイわと思った。
勝たせたかったが、粘ってフォームを壊して後半戦に入りたくない。

凄さを見せる場面もあったし、雰囲気が良く、見せ方が上手いなと思った。
ただあのためだけに満員御礼の客、マスクなんて関係ねぇー、だ。
ワクチンを全員が経験しているわけでもなく、大丈夫かと思った。




AA4I2224.JPG


サッカー欧州選手権の決勝を見た。
ロンドンのウェンブリー・スタジアムはほぼ満員、恐ろしいほどマスク姿なし。
ウィリアム王子一家にT・クルーズ、ベッカム、ジョンソン首相、誰もマスクなし。

同じ世界の、コロナ感染では日本より危惧される英国。
最後のPK戦まで、観客の一喜一憂、大騒ぎ、富岳に尋ねずとも危険である。
さすがに試合よりも、観客の野放し状態が不安になった。




IMG_7214.JPG


宮城県知事と仙台市長が、五輪会場を無観客にするか否かで、ぶつかっている。
決め切れない政府が、混乱を増し、酒販業界も怒っている。
あと1週間と少しで五輪が始まるのだけど、やっぱり言い出しっぺがルール破り。


■ 居酒屋で5回送別会、国税庁職員14人参加し7人感染
 国税庁は13日、居酒屋で飲酒した同庁課税部の職員7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。◆発表によると、東京都内の居酒屋で6~9日、送別会などの名目で5回の会合が開かれ、同庁や国税局の20~40歳代の職員14人が参加。1回あたり3~4人が午後7時頃~同10時半頃に最大2時間半飲酒したという。10日に1人が発熱し、感染がわかった。◆当時はまん延防止等重点措置の適用期間中で、同庁は都の要請に沿って飲酒の場合は「2人以下、90分以内」と指示していたが、守られていなかった。同庁は「誠に遺憾」としている。◆国税庁は8日、要請を守らずに酒を出す飲食店との取引を停止するよう求める趣旨の文書を内閣官房と連名で業界団体に出し、批判を浴びていた。 (読売新聞/2021/07/13 21:15)


確かに酒がからめば感染するのだと、お願いする側が証明した。
お願いしかできないと、真綿で首を絞め続けた連中が、宴会!
ええんかい、である、バカ丸出しである。




ファイト!





ファイト!(89)  コメント(13) 

めばちこ退散   [日常]



ファイザー社の抗菌点眼液が功を奏して、めばちこは治りかけ。
ものもらいにはこれよと、素直に指示に従い、めばちこを治す関西人。
眼罰子とか、眼バッチィ子とか、由来は偏見に満ちたものでしょう。

この手の病は治りかけが肝心で、触らない触らない。
良い方向へ向かっている快感、大事にする。
不快指数急上昇の蒸し暑い日々、踏ん張って、踏ん張って。

首都圏だけ、恐ろしいくらいに高止まりするコロナの新規感染者数。
累計で4位から8位に陥落して安心していた千葉県だけど、北海道を再び抜く。
積極的な自粛は継続中だが、どうしてこんなに増加するのだろうか。




IMG_7031.jpg

小雨の未明に家を出て、水元公園に向かう。
そういう日々が最近続いていて、6時にもなると人が多い。
走る人、釣りする人、歩く人、蓮を写す人、たくさん湧いて出てくる。

開放的に、楽しそうに、犬のお散歩をする方も多い。
大きな公園で、野鳥も多いがカラスも多くて怖い。
東京の持つ贅沢さを感じる公園だ。




IMG_7039.JPG


大谷翔平33号、なおエ。
なおエンゼルスは、3-7でマリナーズに敗北。
打ってもチームが負けてちゃ、いや、打ってりゃ嬉しいや。

日本人最多と言ってた時が嫌だった。
ホームラン王を狙える人に、日本人最多などと言って欲しくなかったの。
松井秀喜もすごいかもしれないけど、オールスター前に彼の年間に並んでたの。

オールスターも含めて、記録が楽しみである。
ちょっと嫌なことが続いていたけれど、ホームランで、意気軒昂。
オオタニサーン、また打った、元気が出るなぁ。




IMG_7089.JPG

大相撲夏場所、自分からヒョコっと俵を越えて出ていく逸ノ城に異変、前に出ている。
正代は10勝狙いの志の低さが垣間見える、無様だなぁ。
何てったって照ノ富士、威風堂々、綱取り十分。

白鵬はまだ運で勝ってるような感じがして、予断は許さず。
3大関が、負傷、不調、不祥事と元気がない中、照ノ富士が孤軍奮闘。
後半戦でも軸になると思われるので、油断大敵、奮闘善戦を期待。




IMG_7102.JPG

憎まれっ子の五輪に同情している。
アルコール提供を辞めない店には酒を卸すな、銀行は監視しろと。
本音が出た西村大臣、忖度体質、言いわけできないアウトさだ。

まだ、中国共産党についていくと言った方がマシである。
いちいち反応しないで聞き流すことに決めていたけれど、西村、許さん。
彼のズルイ姿勢、こすっからしい体質に虫唾が走るぜ。



ファイト!





ファイト!(94)  コメント(8) 

ばくりゅうしゅ   [笑われ噺]



ねぇ、眼科で何て言われたの?  めばちこ。
それってさ、ものもらいなの?  めばちこ。
めばちこってお医者さんが言ったの?  言わなかった。

めばちこを知らない女性と出会って40年経ち、一緒に住んでいる。
確かに、女医さんは「ものもらいですね」と言った、麦粒腫。
女医さんは、最近疲れていますね、とも言った。

駅前の高層ビルにある眼科で、繁盛している診療所だ。
従業員の皆さんが、やけに大声で喋るのは老人客が多いからだろう。
私も耳元で、大きな声で語られたけれど、余計な抵抗はしなかった。

めばちこを、ものもらいと言う女医さんは、懇切丁寧に説明をしてくれた。
まぶたのフチから裏側にある、何とか腺に細菌感染したのだと言う。
不規則な生活や寝不足、疲れが誘発していると言い、目薬が処方された。

目薬は今こそ有名なファイザー社の抗菌点眼液だった。
1日に4回、10日間お使いなさいと言われ、全治10日か。
最近の湿度の高さや寝不足、ずっと疲れた感じのダルイ日々だった。




IMG_5324.JPG



汚い手でいじくり回すから、めばちこになるんや。
そんな風にビシッと言われたら傷ついたかもしれない。
眼をこすることが多い生活をしていたのも事実で、困ったもんだ。

ただ、最近の病院は、ここまで執拗に懇切丁寧に噛み砕いて説明するのかと驚いた。
初めて会う女医さんだけど、あの柔和さは営業にしても素晴らしいなと思った。
こんど、眼の健康診断に来ようと思った。




IMG_6913.JPG



大相撲、まだ3日目が終わっただけだが、波乱も起きている。
ただ、照ノ富士がものすごく冷静で、慎重な取り組みをし、既に風格もある。
彼が優勝争いの軸になる兆しがあり、綱とり場所の面白さ。

名古屋場所ゆえ両国にあらず、背筋ピンピン女性が見当たらない。
彼女の影響を受けて、周りも少しお行儀がよくなっていたのだけど。
ところが今場所、テレビに映る客席はどうもお行儀が悪いように思えるのだった。




IMG_6932.JPG



コロナコロナと連日言ってたのに、今は、土石流や川の氾濫、被害者インタビュー。
全局一斉にそれをやられると、違うんだよなと思うのだった。
確かに被災地は大変で重要なニュースだが、衝撃映像を繰り返してもウンザリする。




IMG_6977.JPG



目は気にするとつい触りたくなるので、グッと意識して我慢。
大谷翔平ばりの笑顔は持ち合わせないが、前向きに、鬱を回避して生きる。
美味しい珈琲を飲んで、目が疲れない程度に読書して、10日間をやり過ごす。

新潮カセットブックの「歎異抄」を掘り起こした。
今日は目を休めて、繰り返し聞いて見ようと思う。
卒論ゼミの教授が愛読書に上げていたし、呪縛開放。



ファイト!





ファイト!(100)  コメント(18) 

『糸』   [映画]



何だか昨日は朝から楽しむことが出来た。
週刊ニュースの特集で、大谷コーナーがあり1週間の活躍を振り返る。
よく打つなぁとしか言いようがない。

そしてその後、オリオールズ戦を見ていたら、ホームラン29号、30号と放つ。
何度も何度も繰り返し映されたが、凄い。
3打席連続までふつうに期待してしまった。

圧巻は同点で迎えた9回裏、勝負はしてもらえず四球で1塁へ。
バッターの妨害で盗塁成功も戻され、凹みそうになったが、すかさず二盗。
ヒットで長躯ホームイン、クロスプレーだがきわどくも生還、サヨナラ。

劇画みたいやなぁと、話相手がいないのでひとり呟いていた。
藤井棋聖の初防衛も霞む、大谷劇場だった。
もう毎日がヒリヒリする大活躍、とてもうれしい事あるね。




『糸』
182167_03.jpg

■ 作品データ
 制作年/2020
 制作国/日本
 内容時間/131分
 ジャンル/ラブロマンス/青春

■ 解説 菅田将暉と小松菜奈がW主演したラブストーリー。平成元年生まれの男女が13歳の時、運命的に出会う。2人はすれ違いを繰り返しながら、平成という激動の時代を生きる。平成元年生まれの漣と葵は、北海道で花火大会の夜に出会い、初めて恋をする。だが、葵が突然いなくなり、彼女が養父からの虐待に苦しんでいると知った漣は葵と駆け落ちをしようとするが、周囲の大人に阻止される。8年後、2人は友人の結婚式で偶然再会するが、葵にはすでに恋人がいて、漣は北海道で生きることを決意。一方、葵は世界中を巡って自分を試したいという思いを持つ。そして年月は流れ、北海道で2人は巡り会う。


昨日、WOWOW初登場で、録画したものを夜、妻と見た。
中島みゆき様の「糸」をモチーフに作られた映画で、曲が流れて嬉し。
赤い糸で結ばれた妻と出会った者としては、曲を、北海道のロケ地を楽しんだ。

美瑛・富良野から函館は隣町ではなく、一日で往復は出来ないぞ。
違うぞ、おかしいぞと思われる部分も多々あるが、中島みゆき様の曲に免じて。
北海道だからある話だと思う、地域だとか繋がりとか過疎だとか背景がある。

教師時代、アザを作って登校する生徒の家庭内暴力に介入して、ひどい目に遭った。
連日吊るしあげられたのだけど、暴力で家族全員を支配する狂気があった。
子どものトラウマは一生もんで、無力な子どもの不幸は、確かにある。

どんなに狂った親に育てられても、生きてさえいれば、出うべき人と、人は出会う。
人と人のつながりを考えながら、見ていた。
菅田くんや中島みゆき様の曲が好きな人は、見るのもイイでしょうね。






IMG_6901.JPG

水元公園の大賀ハスを4枚、先週の半ばに早朝遠征したもの。
ここ数年見てきたものとは様子が違ったけれど、工事の影響かな。
雨が止めば、また数は増えているのかもしれない。




IMG_6936.JPG


線状降水帯に見舞われると、日本は弱い。
連日の梅雨の長雨に祟られて、あちこちで家が流され川が氾濫している。
土石流が家を呑み込むシーンは、あまり何度も流すものではないなと思う。

品性下劣なマスコミと思うのは、人が住む家屋が崩壊する映像の繰り返し。
情報を語り、1回流せば、どんな馬鹿でも大変だと思うものを。
何度も何度も家がぶっ飛んで行く映像を流す意図は何か、楽しんでいるのか。




IMG_6939.JPG


コロナ感染に関しては首都圏、特に東京は緊張する数字が出ている。
神奈川も千葉も全く下げる様子がなく、発射台に乗った感じがしている。
爆発的増大と、ワクチン接種のイタチごっこだが、勝ち目が減少中。




IMG_6952.JPG


サッカーの欧州選手権、準々決勝の2試合が終わった。
観客の興奮は見ていても伝わるけれど、マスクをしていないで大騒ぎ。
イギリスの賭けはどう転ぶのか、テニスもサッカーも、ロンドンに人が集まる。

ロンドン、ロンドン、ロンドン、むかしそんなキャバレーがあった。
学生時代、真冬に文無しの北海道旅行をしていて、道東で助けられたことがある。
その時、ハッスルキャバレー・ロンドンで皿洗いのバイトをして旅をつづけた。

ロンドンの各種イベントの開放を見ていて、大盤振る舞いやなぁと思う。
この賭けに、どういう結果が出て来るのか、次は日本の番だ。
ロンドンの最近の騒ぎを見ていて、ハッスルキャバレーを思い出したの。



ファイト!






ファイト!(109)  コメント(16) 

コロナワクチンを打った   [仕事]


あれは3年前、3月に札幌から南下して、市川に引っ越してきた。
千葉県民になってしまうのかと、少しばかり凹んだ。
それでも新しい人生、県民として、千葉県を回りつくそうと決めた。

で、車であちこち出かけて、八街市の標識が読めなかった。
道路標識のローマ字部分を読んで、やちまた市だと知った。
ここのところ連日、この街の名前が報道されており、内容が最悪で悲しい。

60歳にもなったトラック運転手が、昼食を食べがてら酒を飲み、運転。
集団下校の小学生の列に突っ込み、児童5人が死傷、昨日の時点で児童2人死亡。
親はたまったもんじゃないが、少子化対策はどうなってるのかな。

ニュースで見る限り、道幅は狭く、センターラインもなく、路側帯すら明記なし。
児童の登下校に使う通学路を確保することが少子化対策だと思う。
子どもの数が少ない現実なんだから、徹底的に守るべき命なんだよな。

酔っぱらい運転手を厳罰に処しても、死んだ児童二人は返らない。
一方通行にして歩道を確保する、それぐらいはできると思う。
少なくなってしまった子どもの命を未来に送り届ける、政治の仕事なんだよな。




20210628_043937.jpg

4時半に家を出たら明るすぎて、狙った写真が撮れないでいる。
最近は天気予報がよく外れるので、目視で決断し、やがて撮るぞ。
3時半に出発で、水元公園の夜明けのダンスを撮るんだ。


20210628_044442.jpg

金町浄水場の取水塔につなげられたボート。
おそらく東京都水道局の持ち物だろうから、勝手に乗らない。
でも、写真を撮るときに小道具として入ってもらう。




IMG_6915.JPG

晴れて暑かった翌日、早朝の温度差で発生する霧状の帯。
この量がもっと増大してくれれば、少しは幻想的になる。
ことし狙っている一つのテーマ写真なの。




IMG_6929.JPG


月曜に、ワクチン接種に行ってきた。
予約の時から思っていたけれど、スムーズである。
全く何のストレスもなく予約を取り、決めた場所に、決めた日時に行くだけ。

物流センターの箱のように流れていくだけだった。
2回目はちょうど3週間後の同じ時間、と既に決まっていてスムーズな市川市である。
テスラを公用車に、シャワーを市長室に増設と、マスコミに叩かれた市長さんだけどね。




IMG_7002.JPG


高齢者の外出、銀座で39%増。
鬼の首を取ったようにマスコミは流している。
でも、ワクチン接種が終わったなら、マスクに手洗い、ルールを守ってGOでしょ。

蟄居生活の義務はなく、ワクチン接種が終われば、引き籠る必要はないと思う。
テニスのウインブルドン、決勝では観客を100%入場にするらしい。
同じころサッカー欧州選手権の準決勝から観客は6万人、どっちもロンドンだぞ。

コロナは正しく恐れて、正しく対応をする。
過剰な反応も、余計なズルも不要で、7月を楽しみにする。
ワクチン注射の翌日、腕はだるいかな、疲れ気味かな、でもスルー。




ファイト!







ファイト!(98)  コメント(12) 

今年も半年が終わる   [新聞から]



鬱にならないように、ストレスを溜めないように、意識する。
養老孟子ふうに、反応しないという姿勢を持つ。
限られた自分の時間の中で、やりたいことをやる。

と言いつつも、宮内庁長官の発言は頂けない。
五輪をやらぬなら、別にそれでもいいのだが、拝察などと微妙に危険な言い回し。
小室圭さんの脳天気ぶりを棚に上げ、この期に及んで五輪がらみの拝察を如何せん。

拝察っちゃ、忖度の極み、古いと言うか感覚がズレ申す。
象徴である天皇を、ご威光にする輩が利用するのだろう。
もろ刃の剣を抜いてはいけないなぁ。




manben.jpg

自分の幼少期から漫画を格下に見る傾向があった。
あまり漫画を読むことはなかったけれど、ちょっと本気で読もうと考えている。
再放送で「漫勉 neo」を見ているのだけど、面白い番組で、発見が多い。

漫画家の浦沢直樹が進行役。
「小さなペン先から壮大なドラマを生む漫画家たちの創作の秘密に迫る!」
と大袈裟なフレーズだが、書家に通じる、線の攻防は見ていて面白い。

先日放送された押見修造の漫画作品を、ちょいと読んでみようと思った。
今さら漫画喫茶に行くつもりはないので、Amazon古書で注文する。
引き籠り生活者になりつつあるが、これもまた良し。




IMG_6652.JPG

近所の公園で、先日の雨上がり。
これで最後のアジサイかな、また来年。
今年はアジサイの奥深さを知った年だ。


IMG_6676.JPG

今年最後の春薔薇かな。
また秋が深まれば見せてもらう。
最後までありがとう。


IMG_6682.JPG

アガパンサス、これはもう少しだけ見られそう。
この花の写し方はよく分からないが、とりあえず。
初夏を招き入れる花として、アガペー。




IMG_6711.JPG

珍しく咲くオタフク。
ソースではない、アジサイの変異種。
もう終わりだね、また来年。




IMG_6874.JPG

江戸川の河川敷で、おっ、猛禽だ! と、欣喜雀躍して撮った。
しかし、糸が見えて、お嬢様が凧揚げをしていたのだった。
梅雨の晴れ間に、寸暇を惜しんで凧揚げをする、よいことだと思った。

 「僕が一番心配なのはこの状況で若い人がどう感じ、どんなふうに変化していくのかということ。良くも悪くもなる可能性がある。少しでもポジティブなものを作って提供していくのが小説家やラジオなどの役目、責務だと感じる」  (村上春樹インタビュー/日経 2021年6月26日)



出来ない話をする人より、出来るようにする話を語る人に耳を傾ける。
若い人というのは、自分の娘たち世代より後の人々。
同情はしないが、彼らの邪魔はしないし、出来ることなら応援をしたい。


水無月は終わり、やがて文月、早いもんだ。
さて、明日はワクチン接種、迷惑をかけないための自己満足。
痛いの痛いの、飛んで行けぇ~。



ファイト!






ファイト!(95)  コメント(9) 

可視化する矛盾   [新聞から]



水元公園へ偵察に行った。
蓮が咲いているのだろうと、様子見。
例年より圧倒的に数が減ったように思うが、改築中だし。

久々に長距離自転車を続けたら、お尻が痛くなった。
かと言って歩く距離ではないし、電動自転車。
帰りは電動アシストを切って、腿への負荷を強めて走った。


小池都知事がダウンしたというが、まあ、キツイ仕事のキツイ時期だからね。
米大リーグ、大谷翔平のライバルたちが本塁打競争の不参加を表明。
逃げたのではないと言うことは分かっていても、邪推はしてしまう。




IMG_6746.JPG

あと200mほどで埼玉県となる手前で、鳥を発見した。
江戸川の江戸側の土手斜面、露骨に怯える小心者の鳥。
ビックリしたような目で、落ち着きがなかった。

少し離れた場所にメスがいた。
カップルなのかもしれないと、ちょっと怪しんでみた。
鳥にとっては迷惑行為だったかもしれない。




IMG_6759.JPG

プール仕様の池の周囲が工事中で、立ち入り規制区域がいくつもあった。
こっち向いてよと言っても、あっち向いてしまう。
立ち入り規制で、回り込んで写すことが出来なかった。




IMG_6779.JPG


東京五輪まであと1か月と言い、急に怪しい話が飛び出してきた。
出来レースに、答えれば矛盾が露呈するなら、寝込んじゃえ。
誰も、本当に誰も責任を取らない、責任者不在の民主主義ふう国家。

外国から、五輪選手団が入国し始めた。
誰も悪くはないのだろう、ただ、くじ運が悪かっただけなのかもしれない。
日本は、運が尽きたか、貧乏くじを引かされているとしか思えない。




IMG_6793.JPG

花弁が、小舟のように浮いている。
風が吹けば、速いスピードで水面を走る。
何かを乗せて遊びたくなる。




IMG_6815.JPG

追徴課税が来た。
去年、ちょっと儲け過ぎたのだろう、清く正しく更に納税。
屁でもねぇやと、高楊枝、正しく税金を使わないと、承知しないわよ。

外食閉店1.9倍の5230店 20年度、リーマン危機上回る
 (日経/2021年6月22日 18:00)

1年を超える異常事態。
ボディーブローが効き始めている。
穏やかじゃない空気は吹き飛ばせるのだろうか。


藤井聡太クン、静かに戦い続けて、また快進撃を見せるのだろうか。
若くして頑張る、あるいは、若い人たちの頑張りを楽しませてもらう。
思い通りに行かない日々に、意味が見いだせるように、精進するぞ。



ファイト!






ファイト!(93)  コメント(11) 

筑波山の中腹まで   [旅]


テレビ東京のモーニングサテライトで、先日、興味深い話があった。
特集(パックンの眼)で、米国の大富豪は所得税を納税していない、という話。
同じようなことは日本でも起きているのだろうが。

2018年度の資料
総資産 富裕層 上位25人 = 平均的な1430万人分
納税額 富裕層 上位25人 → 19億ドル
    平均的1430万人 → 1430億ドル


富裕層上位25人の資産に並ぶためには、平均的な1430万人分の資産が必要になる。
富裕層上位25人の納税額が19億ドルに対し、平均的な1430万人が1430億ドルの納税。
節税対策も有利に働き、格差が狭まることはない。

日本でもコロナ禍で、格差はより広がったと聞く。
より弱い人たちへの救いの手が、おそらく目詰まりして滞っていると思う。
もう諦めているのか暴動を起こさない日本だが、弱ってる若者を助けてやって欲しい。




IMG_6400.JPG

先日、筑波山に登ってきた。
と言っても車でだが、中腹に群生するアジサイを見に行った。
山だから、まだ少しは平地より頑張って咲いているように思う。

新緑の濃い景色の中で、アジサイが美しかった。
火山大国の日本、酸性の土壌が圧倒的に多く、アジサイは青色の花が多い。
土壌がアルカリ性か、老化して根からアルミニウムを吸収できなくなると花は赤くなる。




IMG_6426.JPG

同じ土壌で青と赤があれば、赤は老化なのだろうか。
赤紫~赤のアジサイは老化したと考えれば、青と赤の同居も理解できる。
白いアジサイのように色素を持たなければ、土の影響では色が変化しないのだろう。




IMG_6461.JPG

筑波遠征は、最後の年度を奮闘する三女の激励で、お菓子の差し入れ。
ついでに、自動運転の練習を常磐道でやってみようと思った。
今までは加速を楽しんでいたが、国庫金を納入するのも嫌で卒業。

時速100㎞設定で、車間距離を最大に取り、3-4車線の真ん中を前車追従。
さすがに手を放し続けると警告されるが、カーブも当然だが走り抜ける。
往路も復路も、心身ともに楽をさせてもらったし、楽しかった。

自動ブレーキも含めて、運転補助だと考えれば、助けられる道具だ。
より安全運転に集中できるので、高速道路では今後この機能を使う。
狼を卒業して丸くなり、うさぎのようなドライバーに変身中。




IMG_6512.JPG

梅雨入りをして以降の関東、暫く雨模様が続いた。
蒸し暑い日が続き、体調管理に細心の注意を払っている。
まずは熱中症にならないように、水分の補給とエアコンで温度管理。




IMG_6527.JPG

最近、連日のように大谷翔平が楽しく、嬉しいスポーツニュース。
鬱陶しいニュースが多いので、大谷くんには感謝・感激。
オールスター前日のホームラン競争も楽しみである。

15日= ホームラン18号
16日= ホームラン19号
17日= 勝利投手 3勝目
18日= 一試合2ホームラン、20号、21号


1年延期になっていた、サッカーの欧州選手権が始まっている。
予選リーグの、ドイツの初戦でのこと。
フランスに敗れ、ドイツ在住の長女は、窓の外から悲鳴が聞こえたと言う。

欧州各国のフル代表だから、レベルは高い。
WOWOWで見るだけなんだけど、緊張しながらテレビ観戦。
そして、いよいよウインブルドンも始まるが、大坂さんは棄権、残念。



ファイト!









ファイト!(96)  コメント(10) 
前の10件 | -