SSブログ

芦屋発の店のケーキを食う   [味]


窮屈に生きている。
それでも頂いた食事券の期限が迫り、セコく出向いた。
2か月ぶりの電車には心底ドキドキしたし、咳き込む人にはビビった。

30分で別世界、花のミヤコ大東京、華やかな銀座だった。
2200円のケーキセット恐るべし、支払いは不足分の110円だけだったけど。
突き出しのように出されたマドレーヌが美味しかったから、お土産に買った。




IMG_0665.JPG

銀座柳通りの、銀座メゾン/ アンリ・シャルパンティエ。
喫茶の隣りがケーキ屋さんで、その横が工房だった。
お土産を買いながら、この店のクッキーをよく送ってもらっていた記憶。

なんで宝塚のおばさんが送ってきたかと思えば、始まりは芦屋のようだ。
関西の洋菓子屋さんなんだと、思った。
客はおらず、私たち以外の出入りもなく、やって行けるのかと心配した。




IMG_0666.JPG



森さんが読みを失敗して辞任するのは2回目。
川渕さんの先走り失言で窮地に立つのも2回目。
森の石松じゃないけれど、なおらない。

手続きを踏んでのことかと思えば、森・川渕の両名で決めたとな。
オレ辞めるから後は頼むわ、うん分かった、じゃあキミは相談役でね。
手続きを踏まず、そんな簡単な指名制度が通用すると考えていたんだろうな。

どうしようもない。
顔色を見ながら何かを決めて行けば、不合理な結果を招く。
時間がないのだけど、マットウな選択を期待する。




IMG_0667.JPG

たしかに美味しかった。
コロナ下で、今ならすいていますという感じだった。
冗談を言って笑う小一時間、店を独占して楽しませてもらった。




IMG_0672.JPG

帰りに、食パン専門のパン屋さんに寄って、焼きたてを購入。
初めてのチェーン店だけど、見た目も値段も乃が美ふう。
重くてきめの細かい生地で、乃が美より密度の濃い食パンだった。

説明書きをマネて、和風にして食べてみたが、良かった。
あり得ない話だけど、佃煮海苔を塗って食べたら、イケた。
ご飯のような食パンだが、あとは焼いて食べてみる。




AA4I0760.JPG

テニスの全豪オープン、メルボルンが再びロックダウン。
その影響で、昨日から無観客の試合であり、寂しくなった。
大坂なおみが、まとわりついた蝶を逃がすようなシーンは、無観客じゃ味気ない。



急激に体重が増えたので、運動を始めた。
おかげでよく眠るようになり、朝まで爆睡している。
昭和の悪習や、コロナ、早く無くなって欲しい、Jリーグが始まるんだから。



ファイト!





ファイト!(91)  コメント(12) 

欣葉滷肉(豚の角煮)美味かったが写さず   [味]



So-net ブログ、有効利用している。
kame さん、kome さん、2k さん、足し算すれば 4k さん。
この方々の写真を見て勉強させてもらってる。今後も真似ぶ。

あるいは、Vi さん、甘さん、とにかく行きたい食べたいもの、店を見せてくれる。
食べ物だけは見てるだけでは分からないから、食べに行く指針にしている。
ある意味で、精度の高い情報だと思う。今後も利用する。




IMG_1062.JPG


友人、知人、教え子への安否確認用のためにも、このブログを書いている。
ただ、さすがに懸賞童話に応募するだけではなく、取りに行かねばと思うの。
毎年、出しましたの自己満足ではなくて、残り時間を考えて、勝ちに行く。

そんなふうに考えると、視点を限定して、せっかくの取材を活かさねば。
よって、自分に良い形へと移行するには、あるいるさんのマネをしてみよう。
だから、「週刊」にして、創作専念。

3月8日から毎週日曜日の午前0時発、と決め、今日から「週刊 村まつり育蔵」ね。
もし途絶えたら、入所か入院かポックリでしょうね。
文字を懸賞の方へ特化しようと、台湾で思っていたの。




IMG_0269.JPG

へこたれない台湾のパワー、圧倒される。
右側走行の台湾、横断時、右折バイクの突進は絶対に恐怖。
歩行者に譲るのではなく、スキがあれば入って来るし、歩道も時々走る。




IMG_0424.JPG

台北で美味しかったものを写し忘れたけれど、3番目に美味しかったもの。
欣葉(シンイエ)で食べた、切仔麺、ビーフンのそば。
さっぱり味の我が家には最適な、シメ。




IMG_0183.JPG

淡水で見た夕陽はキレイだった。
慣れないカメラでは、夕陽の赤は描けなかった。
ヤクルトが流行っていたが、屋台の飲食は次回。




IMG_0320.JPG

イタリアのトイレにも辟易したけれど、台北も少し合わない。
空港トイレの個室で半ズボンに着替えたが、ゴミ箱設置には恐れをなした。
基本、ホテルとデパートでしか紙が流せない水洗には、意図的便秘。

郡部に行けば下水道の都市化が進んでいないのだろう。
地下鉄の淡水駅では、さすがに全力で回避したが、都市化は進んでいくと期待。
パワーを秘めた台北に刺激を受け、落ち着いたら、今度は屋台を攻めに行く。


市川の現状、10階のジムで感染4人、7階のクリニックへは、もちろん行かない。
彼女たちが利用したJR、エキナカ商店街、もちろん行かない。
ナイトスクールも休校になったし、暫くは江戸川散歩で思索の世界。

次回は日曜、そして週刊ね。




ファイト!






ファイト!(98)  コメント(6) 

寿司は寿司であるべきだった   [味]



ドイツ在住の長女からのメールには、少し深刻さが感じられた。
 来月12日午後の予定に入っていた、東大教授の最終講義が延期になりました(ウィルスのため)。私の旅費を出してくれていて、一緒に東京へ行く元指導教官も日本行き様子見です(延期とも中止とも言っておらず、今のところ「行く」という予定で話が進んでいるという意味での様子見)。

これだけはどうしようもない。
急激な終息は望めないので、娘の東方遠征に黄色信号。
五輪が危ういのだから、パパもママも、人事を尽くせず天命を待つ。

北海道でも水泳、ジュニア・オリンピック予選が中止になった。
このJO予選で標準タイムを切って、3月末の全国へ行く。
そこで伸び盛りの中学・高校生は日本選手権の標準タイムを切ったりする。

4月の日本選手権は、五輪選考会。
4年に一度の大緊張の大会に出るチャンスを、予選中止で失った人もいる。
COVID-19 人災の側面があるのなら、罪深いと思う。





DSC00118.JPG


メルボルンにも中華街はあるが、今回は避けて近寄らず。
豪州人が普通に暮らす地区を周回し、観察した。
思うに、絶対に違う寿司屋が、意外に多くて繁盛していた。

折詰に入れる魚の形をした小さな醤油容器、デコレーションなら不気味。
始めは何かいなと思ったけれど、あまり効果もなさそうだ。
中身が痛むやんかと、突っ込みは入れない。




DSC00121.JPG


天むすじゃないんだから、フライを突っ込まないで欲しいな。
豪ドルは75円ほどだから、回転寿司より高い値段かな。
確実に違う寿司が売られているのだと思う。




DSC00123.JPG


子供向け回転寿司のネタのような、加工しまくり。
積極的に生魚を食べないだろうから、種類は増加傾向。
ヘルシーなんて、喜んで食べているのだろうと思う。




IMG_20200206_114214.jpg


いなり寿司に至っては別世界。
インスタ映えではなかろうが、カラフルに盛り付けている。
試食しようと買って食べたが、全てがゆるい、違う世界の食べ物だった。

6月にデイブの娘が来るけれど、ちゃんとした寿司を食べに連れて行く。
ちゃんとした回転寿司ね、こちらでは有名な、銚子丸!
炙ってマヨネーズかけ始めたら、寿司からかけ離れていくと思うの。




ファイト!





ファイト!(79)  コメント(6) 

パルミジャーナ   [味]



デイブ君の激励のためにメルボルンへ行った。
それ以外はイイことも悪いことも、全部オマケ。
せっかくだから、豪州らしいものを食いに行こうと、行った。




IMG_20200206_174920.jpg


店は、UNiVERSAL であり、若者に人気という触れ込み。
6時までに行かなくては満員御礼、たしかに、並ばされた。
食べたかったものは、パルミジャーナ(Parmigoana)、待つ。




DSC00188.JPG
DSC00185.JPG


待つこと10分足らずで、テラス席ではなく、室内のテーブルに着いた。
パルミジャーナを頼んだが、1人前がデカすぎる。
そしてデイブも主食だったジャガイモ、多すぎた。




DSC00216.JPG


頼んだサラダに、美味しい葉っぱが入っていた。
水菜みたいな、でも新鮮でうっすらと甘い。
これ何?  rocket! クイーンヴィクトリア市場でも確認した。

レストランでも、デイブの奥さんに聞いても、 rocket!と答える。
形状も味も、まさにこれは rocket!
それをイタリアでは、ルッコラと言うのでしょう。




DSC00489.JPG


店は、UNiVERSAL と言い、パルミジャーナ を食い、幸せだ。
もちろん、ワインを1本空けてね。
妻もやがて連れてくるが、シティー界隈は任せて欲しい、地図も頭に入った。

現地の庶民的な食べ物を満喫する。
それこそが、旅の大要素。
ワインにジェラートが充実すれば、私はどこだっていい。




ファイト!






ファイト!(80)  コメント(4) 

快挙な歴史と自称する食パン   [味]



市川駅北口を出て、三菱UFJ銀行の並びに沢山の行列が出来てるの。
もしかしたら新しくできたパン屋さんかもしれない。
妻がそんなことを言い、無性にパンが食べたくなることがあるの、とつぶやく。

命令を受けたわけではない。
ただ、妻を喜ばせたい一心で、赴くのであった。
行列は激しくなく、1分ほどで入店。 (写真は全てHPより拝借)




top.jpg


「高級食パン店 歴史は変わる」、とある。
思うに、店の名は「歴史は変わる」のようだ。
小麦粉、国産バター、国産生クリームにこだわっているらしい。




bread01.jpg


食パンは「快挙な歴史 」と名付けられた商品で、税込みで870円。
白くきめ細かな生地の食パンはこだわりの独自製法で丁寧に作り上げ、しっとりと口溶けの良いケーキのような食感を実現。 これまでにない歴史を変えるような食パンのストーリーが今ここから始まる。


買ってすぐの試食、妻は焼かずに食べる。
しっとり感が濃く、焼くと、バターたっぷり使ってるなと分かる。
焼いた方がバターの風味が出てきて美味しいと思った。




DSC06927.JPG


乃が美の袋は、たしかにシンプルで良い。
この店は名前も変わっているが、袋も変わっていて、持ち歩くのが恥ずかしい。
「歴史は変わる」で、食パン「快挙な歴史」を買うのである。




bot.png


袋には一風変わった方の、大きな絵が描かれている。
近寄りがたいけれど、食パンの味は今日一日、堪能するつもり。
チェーン店展開をするのだろうか。

乃が美もあり、ヤマザキパンの本丸もあり、リトルマーメイドもある。
幾つか強豪のパン屋さんが展開する中、先月オープン。
選択肢は多い方が良いので、乃が美が休みの時には行くかな。



ファイト!





ファイト!(66)  コメント(8) 

次女の作るラビオリは絶品   [味]



昨日、次女と三女が泊まりに来た。
結婚記念日と三女の誕生日とクリスマスと忘年会、一挙に。
次女が腕を振るい、もちろん、オールイタリアン。

わたしがローマで愛したラビオリまで再現してくれた。
サラダも完全にイタリアンだし、トスカーナ地方の何とかトマトの忘れた焼き。
ぜんぶ美味しかったから、イタリア白ワインも飲みすぎちゃった。

それぞれの食事名を何度聞いても忘れてしまった。
ラビオリはローマで最後に食べたレストランと互角だったな。
次女はお抱え料理人、実に幸せ、またイタリアへ食いに行きたくなった。




DSC04507.JPG


三女は今日から高地合宿の支援で、ニューメキシコへ移動する。
授業のなかった先発はすでに合宿中。
やっと授業を終えた後発を、引率する三女は2週間、頑張れ低酸素。

合流すればスタッフ、競泳選手あわせて総勢10名。
小さなチームで、五輪を目指して薄い酸素の中を泳ぎ込む精鋭。
そうじゃない人たちは韓国合宿、やられないように注意されたし。

わたしはもう少し日本でのんびりする。
だって、やることがまだまだあるんだもん。



ファイト!






ファイト!(79)  コメント(5) 

バタークリームより生クリームが好き   [味]



昨日はクリスマス・イブ、私は楽しめたでしょうか。
もちろん妻が楽しければ、それでいいのでした。
もう、クリスマスケーキを予約することもなくなりました。

子どもが小さかった頃、クリスマスケーキを買うのがパパの仕事でした。
今ではふたり生活、もうデコレーションケーキは買いません。
何種類かのカットされたケーキを買ってくるだけです。

なんだかカタカナの名前を付けられたケーキでした。
闇鍋みたいに、どんな味が当たるかお楽しみです。
すでに、色と形だけで選ぶパパでした。




DSC09992.JPG



昔々のクリスマスケーキは、バタークリームでした。
それがいつから生クリームに変わったのでしょうか。
むかしは食べ過ぎちゃダメって言われ、1片を食べるだけでした。

昔がひもじいとは思いませんが、バタークリームには戻れません。
札幌時代、12月はケーキの予約が多かった記憶があります。
結婚記念日、三女の誕生日、長女の誕生日、クリスマスと大型ケーキ連続。




AA4I5602.JPG


巣立った子どもたちのことを考えます。
娘たちは、ひもじい思いはしなかったでしょうか。
クリスマスに、嫌な思い出は残していないでしょうか。




AA4I5591.JPG


子どもたちには、昔も今も、将来も幸せであってほしいのです。
パパは欲張りなので世界平和だけでなく、子どもたちの幸せも願います。
星に願いを、そして子どもたちに幸せを、パパの祈りです。

デイブがまだ回復できていないようです。
彼と旅に出る約束をしていますが、医者によると、早くて再来年かな。
その前に、来年のいつ会いに行くのか、ぼちぼち準備しなくっちゃ。




ファイト!





ファイト!(83)  コメント(6) 

きっと勝つぞ   [味]



北海道で高校教師時代、センター試験の会場へ激励に行った事がある。
自分の学年のスライドショーづくりのために、写真撮影に行ったのだが。
控え室まで入って驚いたのは、他校の先生が生徒に、Kit Kat を配っていた。

Kit Kat を、きっと勝つ、と読んでゲン担ぎ。
そこまで熱心に受験応援をせず、卒業式用のスライド写真撮影のオレ。
熱心な教師でなく、冷めて卒業式を考えるオレ、ちょっとやられたと思った。




kit-kat2.JPG


成田空港の免税店横丁を、次女と試食して回った。
試食と試飲でお腹いっぱいになり、楽しんだ。
そして驚いたのは、Kit Kat の知らない商品群。




kit-kat3.JPG


Kit Kat こんなにたくさん種類があったかなと、不思議だった。
2月に三女とメルボルンへ行った時、ミルクシェイクにKit Kat が入ってた。
こてこての甘さに驚いたのだが、若者に流行なのかなと思った。




kit-kat.JPG


イタリアで最後の空港はレオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港だったか。
この空港で妻へのお土産、第5弾を買ったのがKit Kat DARK 70。
我が家でのチョコ、70 がマイブーム。

甘すぎず、妻も気に入ってくれている。
私の拙い晩御飯の後、妻がパキッて折って半分、分けてくれる。
そういう些細な時間が好き、また明日も笑って過ごそうね。



ファイト!







ファイト!(89)  コメント(6) 

リコピンリッチ   [味]



大相撲九州場所 二日目 波乱。
朝乃山が強さを見せ、貴景勝は惜しかったな。
白鵬やっちゃいましたが、三日目も楽しそうな取り組みが続きます。

録画していた海外ドラマを見終わって、地上波へ移動した。
侍ジャパンをやっていて7回裏の日本の攻撃、豪州に1点差で負けていた。
驚いたことに快速の代走、二盗、三盗、周東、この韋駄天ぶりに驚いた。



DSC08965.JPG



昨日は足を休め、数時間かけて足のマッサージを徹底した。
復活大宣言状態に入り、元気になった。
用意周到、半ズボン辞め、リュック辞め、銃は必要なさそうな伊太利亜。



DSC08809.JPG


最近ハマっているのは、デルモンテのリコピンリッチ。
かなりドロッとしているので、野菜ジュースで薄めて飲むけど、旨い!
このトマトジュースを使って、スープやポトフを作っているが、旨い!

やがて冬が訪れたら、リコピンリッチを使って、トマト鍋をする。
しばらく執拗にハマりそうである。
トマト鍋には、ミニハンバーグを入れるんだ。




DSC08811.JPG


最近ハマっているのは、パスタ。
最近ハマっているのは、塩レモン。
パスタはペペロンチーノが好きで、得意顔をしてるんだ。

塩レモンでパスタは簡単だけど、旨い。
酒盗を使ったペペロンチーノも、旨い。
サバの水煮缶にレモン汁とニンニクを投入して作るパスタも、旨い。

本日は、リコピンリッチトマトパスタに挑戦である。
ナポリタン風と、トマトスープ風を楽しむ。
本日の快晴は、洗濯と散歩に適しているのだろう。



ファイト!





ファイト!(77)  コメント(6) 

中トロと南ア産の白ワイン   [味]



久々に土曜休日の妻だった。
三女は3日間、都内で研究会があり泊まりに来ている。
次女は水泳の教え子のレースを応援し、個人指導を終えて泊まりに来た。

三拍子そろうので、南部市場のマグロ解体ショーに行こうと。
昨日は朝から妻と、松戸方面へドライブ。
帰りに分かったことは、外環道を使えば15分もかからずに着いてしまうご近所。




DSC08472.JPG


去年2kさんと写真を撮った帰り、看板で南部市場を知った。
何度か自転車で買い出しに来たり、一時帰国の長女と解体マグロを買いに来た。
年末は、豊洲まで行かなくても近くていいわねと、妻。




DSC08441.JPG


長崎の方から我々のために泳いで来てくれたマグロくん。
天晴れ、マグロ好きは大和民族。
娘たちが来るので、夫婦そろってそわそわ準備。




IMG_20191019_174517.jpg


市川駅の商店街シャポーに輸入雑貨を中心に売る店がある。
アピール力がよくて、南ア産ワイン、もちろん赤も白も買いましたね。
マグロくんを食すのに、南アフリカを倒す勢いで飲みました。




IMG_20191019_190925.jpg


義母様の血液検査の数値が芳しくありませんでした。
だからもちろん、義母様にもお裾分け。
赤身が美味い、長崎出身のマグロくんでした。




IMG_20191019_190929.jpg


何てったって中トロ派の娘たちです。
三女は懇親会出席で少ししか食べませんでした。
しかし、次女も私も食いつくし、南ア産ワインを飲み干し、必勝祈願。

必勝祈願で思い出しましたが。

大分のラグビー開幕戦、応援のガイジン女性さん、鉢巻を巻いていました。
大宰府で買ったのでしょう、鉢巻には「合・梅の印・格」と合格祈願。
合格祈願の鉢巻で熱狂的に応援する姿は、とても愛らしいものでした。

知らないで全力投球は、少し恥ずかしい事があるかもしれません。
そんなことを思いながら、決勝で当たるニュージーランドの試合を見ました。
A組1位の強さを見せてやらねばなりません。

うだうだ言わずに、体調万全で応援だ。



ファイト!





ファイト!(80)  コメント(4)