SSブログ

彼岸花が終わった   [日常]


暑かったり涼しくなったり、確実に秋が近づいている。
窓を開けて寝るには少し肌寒くなり、食欲の秋が近づいてきた。
室内栽培の豆苗を使った豚肉の鍋を楽しんでみた、美味し。


話題が次の総理へと移り、存在感の少ない菅首相だがアメリカにいた。
安全保障上の重要な役割を担って訪米したのだろう。
コロナ感染も既に下火となるのだが、C国の横暴が大いに気になる。




20210924_053015.jpg

夜明け直前の矢切の渡し、葛飾側から千葉県を望む。
河川敷をいつもは走るが、富士山が見えるか土手に登ってみた。
健康志向の老若男女が、歩いたり走ったりし始めている。


20210924_054217.jpg

金町浄水場の第2取水塔から日の出を拝む。
日の出の時刻は既に5時半を過ぎ、秋へ冬へと向かっているのだろう。
地球温暖化は確実に感じられるのだけど、太陽の運行に変化はないのだと思う。

夏の日の出時刻には人も少なかったけれど、さすがに5時半を過ぎると人が動く。
早い人は自転車で通勤スタイルだし、健康志向の散歩も増える。
コロナ騒動も終わったに等しく、行楽地の駆け引きも始まったようだ。




AA4I3767.JPG

曼殊沙華の開花が今年は早かったようで、もう、枯れて今年は終了。
江戸川の土手で、かすかに生き残った数本を、写す。
一昨年の、本土寺でのような群舞は見ることが出来なかった。

それでも忘れず彼岸に咲くのは几帳面である。
私がおはぎを忘れないのと同じで、今後も続くのだろう。
黄粉をまぶしたおはぎも捨てがたく、食欲の秋は始まっている。




AA4I3782.JPG

照ノ富士が優勝をかけて正代と戦う千秋楽。
弱っちい大関と戦うなら、照ノ富士優勝は決まったようなものだ。
格が重視され、自力優勝のなくなった妙義龍だが、最後を白星で飾ってほしい。

目の前で3敗力士がコケて行く中、妙義龍は正代をぶちかましてくれた。
こういう勇気凛々、前に押し出す突破力を見せる力士は、応援したい。
真っ向勝負の戦いが見られないのは寂しく、大谷翔平選手への敬遠の山にも閉口。



お気に入りの室内運動器具を修理に持ち込んだが、箱入りの新品と交換してくれた。
買って1か月だし当たり前だけど、保証期間も1か月延長され、文句は言わない。
台車で車まで運び、ちょっとだけ重労働だったけど、6日ぶりに室内での運動も再開。

すべて順調、もう少し欲を出すかな。
来月は、もっと良くなる。
そのために、準備も始めるのでした。




ファイト!





ファイト!(73)  コメント(6) 

あと少しの我慢だ   [日常]



月曜日、台所で大相撲を見ながら晩ごはんを作っていた。
豊昇龍 対 若隆景戦、前のめりになりながら見て、料理の手は完全停止。
豊昇龍はやられたかと思った一瞬、うわぁ-って大声で叫んでしまった。

背負い投げなんか繰り出したかと思ったけれど、軍配は若隆景。
VTR を見る限りでは若隆景の肘が地面に、先に着いたようだ。
行司差し違えで豊昇龍の勝ち、土俵で見る柔道に驚いた。

こういう一番があると楽しくなる、まさに熱戦だ。
不甲斐ない大関陣と文句を言う前に、イキのいい若手の一発を見たい。
オータニサンの調子が上がらない今、他競技の若手に期待する。




AA4I3588.JPG

妻のワクチン接種2回目終了から2週間も経てば、長めのドライブも可能。
そんな風に考えて、富士山を見に行くドライブを来週には実行。
初冠雪の報道もあったけれど、今は雪もなく目印不足ゆえ、近づく。

札幌に居る時は当然ながら蝦夷富士の羊蹄山以外、富士山は見ない。
越して来て3年目、できることなら毎日でも見ていたい富士。
なぜだか心惹かれるフジヤマである。




AA4I3630.JPG

迷走直撃台風が通り過ぎて、久々に青空を少し拝むことが出来ている。
洗濯物が外干し出来て、太陽にさらして、柔軟剤のいい香り。
パジャマもスッキリ、良い夢が見られるのでした。




AA4I3655.JPG

3連休の最終日、千葉方面への大渋滞には驚いた。
逆方向に湾岸を走り舞浜まで、海を見に。
深夜には暴走する若者が走るであろう道、日中はのどかなものである。

ディズニーランドも、ディズニーシーも入場制限中。
チケットは手に入りにくいけれど、これもコロナ後の楽しみに。
おそらく、これ以上悪くはないのだと思う。




AA4I3670.JPG

ワクチン接種が進み、相変わらずマスクを着用している日本。
悪く考える人も多いけれど、日本は挽回するのだと思う。
この我慢と努力の先を、楽しみにしていたいと思う。




20210920_142736.jpg

バルコニーでルッコラを育てて、虫がつくので辞めにした。
札幌でもお世話になったミニトマトに、来年は変更する。
そして室内で、豆苗を育てるのだけど、爆発的な成育模様。

たった5日間で、わさわさ増えていく、しかも2段構えの爆発的生育。
室内なら虫も来ないし、土ではなくスポンジ水栽培。
ちょっと本気を出そうかな。




ファイト!





ファイト!(91)  コメント(11) 

光陰矢の如し   [日常]



8月ももう終わり、今週半ばから9月になる。
なんだか気疲れしたまま、時間が過ぎていく気がする。
ちょっと希望を失いそうな、蒸し暑さがこたえる。

誕生日がいつも、夏休みの宿題に追われていたことを思い出す。
誕生日を迎えると言うことは、宿題を完成させねばという強迫観念。
あるいは、高校ぐらいになると、宿題テストを捨ててかかる開き直り。

夏休みはたくさん遊んだ記憶しかなく、真っ黒クロスケだった。
北海道で高校教師になると、2学期は8月中旬から始まった。
生徒を追い詰める宿題テストを作る側になり、でも、テスト作りで追い詰められた。


札幌では、8月末の日曜に拙宅で「乙女座会」をして、呑んだものだ。
飲むための理由と人選のための乙女座会だった。
ちょうど札幌マラソンがあり、周辺に交通規制がかかり、拙宅に封じ込めて飲んだ。


近所のイタリア料理店も営業自粛、私の予約は今月初めにキャンセルした。
ワインが飲めないお誕生会は惨めだし、今月いっぱいは休業の店が多い。
寿司を取って、妻と差し向かいラブソング、コロナの戦時下ではそれがベストかな。




20210826_045200.jpg

水元公園には、寝坊した時は車で行き、基本、自転車で遠征している。
朝の江戸川河川敷40分の快走は、往路薄暗く、それでも出発は遅くなった。
先月よりは出発が40分ほど遅くなった。

日の出が5時を過ぎるようになり、夏の終わりを感じる。
それでも、太陽が出る前の時間帯は、急激に湿度が上がる気がする。
90%近い湿度は、ちょっとしんどくなる。



20210826_045202.jpg

猛烈な残暑が和らぐと聞いて少しばかり期待しながら汗を拭う。
水元公園からは6時過ぎに帰り、洗濯を開始する。
午前7時、バルコニーで洗濯物を干しながら、直火焼きになる肌。




20210826_051833.jpg

毎日、午前中はたくさん汗をかくので、水分を補給しまくっている。
午後はクーラーのきいた部屋で仕事をし、脳みそが溶解しないように注意する。
発汗と水分補給の繰り返しだけで、かなり体力は消耗していると思う。

持久力を少しでも向上させようと、動くようにしている。
コロナ騒ぎで1年半が過ぎ、相変わらず決め手を欠く。
デルタ株以降、冬も続くことを考えて、オッサンよ体を鍛えておけ革命のその日まで。




20210826_051834.jpg

みんなが、どうやって持ちこたえているかは不明。
それでも、かなりのストレスを抱えながら、何とか生きてるのだろう。
自分も同じようなもので、だから、不満を吐き出さず、汗をかいてビールを飲む。


控え目な芯の強さで目標を達成するでしょう、そんなメモが机の上に載っている。
何だこれと、運勢判断を勝手にされているわけだ。
まあ、褒められる分には喜ぶけれど、悪い話はするなよと。


朝の水元公園では蚊に刺されまくるので、キンカン塗ってまた塗って、痒みを取る。
さて今週は、義母様に身を捧げるアッシー君、待機時間は読書だらけ。
もちろん妻のストレスにならないように、余計な悪さはしない。



ファイト!





ファイト!(90)  コメント(15) 

ワクチン接種2回目終了   [日常]



御多分に漏れずという話。
月曜、ワクチン接種の2回目をしてきた。
2回目の方が副作用の症状が出ると聞いていたが、当たった。

打った日は、腕がどんよりと痛んだ。
バットで腕を軽くヒットして、痛いなぁと押さえているような鈍痛がした。
救急車を呼ぶような話ではなくて、我慢できる鈍痛だった。

昨日の朝、熱を計ると37.1℃だった。
この1年間、非接触型体温計が37℃を示すことはなかった。
自分でも熱っぽい気がするので、これが副作用かと思った。

昼前に、義母様を東京歯科大学 市川総合病院に連れて行った。
入り口に、サーモカメラによる非接触式検知器があり、私が映り真っ赤になった。
37.7℃を示し、別枠で精密検温をし、38℃近いので中には入れないと言われた。

前日に2回目のワクチン接種をしている旨を言い、でも、ルールだから入らない。
妻が車椅子を押して義母様を連れて行き、終われば合流することにした。
こういう対応を一人でやっていたら大変だから、妻のお手伝いの運転手。




AA4I2599.JPG
7月19日(月) 午前4時46分 水元公園の日の出前

水元公園は、東京都葛飾区にある都立公園だけど、バカでかい。
ここへ行くまで自宅から1時間近くゆっくりと自転車を漕ぐ。
この日は、真っ暗な河川敷で、おそらくコウモリの奇襲に驚かされた。

おそらくあの変則的な動き、集団、コウモリだったと思う。
ゴーグルをしてカメラをぶら下げ奇っ怪な男が自転車で走る。
コウモリが来ないように手を大きく振りながら走る、だって怖いんだもん。




AA4I2601.JPG

この日は朝靄が見えなかったけど、日の出を拝むことが出来て運気上昇。
5時を過ぎるとランナーや犬の散歩が出始めるけれど、それでも混雑はない。
しかも森があるので、空気は綺麗だと思う、森林浴。




AA4I2620.JPG


さてワクチン、副作用が怖いとよく聞く。
確かにそうだろうが重症化リスクが激減するのだし、人への感染も抑制できる。
コロナをまき散らす側にはならないで、外出の自粛とワクチン接種は私の義務。

健康上、病状からワクチン接種が出来ない人もいる。
それは仕方がなくて、そのぶん、自分も集団免疫に寄与したい。
本当に我慢してきたんだから、ドイツの長女に会いに行きたいし。




AA4I2645.JPG


そして昨日、午後からダルさが出てきたし、無理はしない。
ファイザー製薬のワクチン2回接種完了、微熱と関節の痛み、頭痛と目まい。
だが、感染して重症になる大苦痛を思えば、この程度は良しとする。

自分の判断基準だが、打ってからの3日間、休酒。
不要不急の用事以外は外出をせず、ノンビリゆっくりする。
頭が痛いのに読書しても、入ってこないし。



ファイト!





ファイト!(105)  コメント(14) 

ふつうに生きている   [日常]



天気図から梅雨前線が消え、梅雨明けは近いと思った。
その日の未明、3時過ぎに家を出て、暗い中を江戸川沿いに遡った。
目指すのは水元公園、夜明け前の、木々の呼吸を写しに行こうと思ったのだ。

自転車のライトを目指して虫の夜襲がある。
比較的小さい目を持つ私は、虫が入れば取れにくい弱点がある。
だから、奇怪だろうがゴーグルをして走った。

野良猫や鳥、蛇などが飛び出し、ミミズも行進しているので、ゆっくり走る。
だから1時間近くもかかってしまったが、予想通りの景色を手に入れた。
16日、金曜の夜明けの話。




1 到着は午前4時.jpg

河川敷ゴルフ場で頭にライトをつけて、金を払わずゴルフをする人がたくさん。
打ったボールを探すのだろうが、その光景は怪しくて、事件性を思い怖かった。
やがて健康的ゴルフ年寄りだと気づき、通り過ぎ、水元公園、絶賛。




2 空が焼けて.jpg

日の出の方向を仰ぎ、待機するが、蚊の攻める音よ。
空の色が変化していき、やがて空が焼けていく瞬間が好きだ。
すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる、これは春。




3 日が昇り.JPG

太陽が出る場所には厚い雲があり、ご尊顔の拝見は次回ね。
おもしろいことに、急激に湿度が上がることを体感する。
おそらく木が呼吸しているのではないかと、おかえりモネの影響。




4 明るくなり.jpg

仲の良いご夫婦だと勝手に思っている。
そう遠くはないご近所に住んでいるのだと思う。
前日も4時20分、ここに座って語らい、うちと同じだなと妙に安心する。




5 さらに呼吸が始まる.jpg

いずれ太陽のお顔も撮れる日は近いと思う。
世間とは隔絶した、こんな東京が好きだ。
雑音を排除して、生活を楽しむ。

大相撲の全勝対決を大いに楽しむ。
いろんなスポーツの真剣勝負が密集するので、楽しむ。
水泳競技も、目に焼き付けて、応援する。

生きてるって実感をしながら、このままじゃいけないから、もう少し考える。
バカには心の中でバカと言い、笑顔で軽蔑しながら、距離をあけて生きる。
明日はワクチン接種の2回目、粛々と進めていく。



ファイト!





ファイト!(100)  コメント(18) 

めばちこ退散   [日常]



ファイザー社の抗菌点眼液が功を奏して、めばちこは治りかけ。
ものもらいにはこれよと、素直に指示に従い、めばちこを治す関西人。
眼罰子とか、眼バッチィ子とか、由来は偏見に満ちたものでしょう。

この手の病は治りかけが肝心で、触らない触らない。
良い方向へ向かっている快感、大事にする。
不快指数急上昇の蒸し暑い日々、踏ん張って、踏ん張って。

首都圏だけ、恐ろしいくらいに高止まりするコロナの新規感染者数。
累計で4位から8位に陥落して安心していた千葉県だけど、北海道を再び抜く。
積極的な自粛は継続中だが、どうしてこんなに増加するのだろうか。




IMG_7031.jpg

小雨の未明に家を出て、水元公園に向かう。
そういう日々が最近続いていて、6時にもなると人が多い。
走る人、釣りする人、歩く人、蓮を写す人、たくさん湧いて出てくる。

開放的に、楽しそうに、犬のお散歩をする方も多い。
大きな公園で、野鳥も多いがカラスも多くて怖い。
東京の持つ贅沢さを感じる公園だ。




IMG_7039.JPG


大谷翔平33号、なおエ。
なおエンゼルスは、3-7でマリナーズに敗北。
打ってもチームが負けてちゃ、いや、打ってりゃ嬉しいや。

日本人最多と言ってた時が嫌だった。
ホームラン王を狙える人に、日本人最多などと言って欲しくなかったの。
松井秀喜もすごいかもしれないけど、オールスター前に彼の年間に並んでたの。

オールスターも含めて、記録が楽しみである。
ちょっと嫌なことが続いていたけれど、ホームランで、意気軒昂。
オオタニサーン、また打った、元気が出るなぁ。




IMG_7089.JPG

大相撲夏場所、自分からヒョコっと俵を越えて出ていく逸ノ城に異変、前に出ている。
正代は10勝狙いの志の低さが垣間見える、無様だなぁ。
何てったって照ノ富士、威風堂々、綱取り十分。

白鵬はまだ運で勝ってるような感じがして、予断は許さず。
3大関が、負傷、不調、不祥事と元気がない中、照ノ富士が孤軍奮闘。
後半戦でも軸になると思われるので、油断大敵、奮闘善戦を期待。




IMG_7102.JPG

憎まれっ子の五輪に同情している。
アルコール提供を辞めない店には酒を卸すな、銀行は監視しろと。
本音が出た西村大臣、忖度体質、言いわけできないアウトさだ。

まだ、中国共産党についていくと言った方がマシである。
いちいち反応しないで聞き流すことに決めていたけれど、西村、許さん。
彼のズルイ姿勢、こすっからしい体質に虫唾が走るぜ。



ファイト!





ファイト!(95)  コメント(8) 

吾唯足知   [日常]



今週末には首都圏も梅雨入りするようなことを言っている。
本当かどうかは分からないが、梅雨明けのような日々が続いている。
6月だと言うのに、初夏を思わせる真夏日が続いた。

急激な季節の変わり目に、体が悲鳴を上げたのかもしれない。
しんどいし、疲れやすく、時々目まいがする。
熱中症なのかなぁ、と心配して、せっせと水分を意識的に補給する。

疲れやすい。
もともと気力がわいていないのに、しんどくて、困る。
栄養ドリンクを飲みながら、毎日のようにサッカー観戦である。




IMG_6143.JPG

この時期、江戸川の土手は除草機で草を刈ってしまう。
すると、隠れる場所を失った虫やミミズが姿を現し、鳥が集まる。
ものすごい勢いで虫を食べる鳥たちは、年に二度の草刈り後が楽しみなのだろう。




IMG_6224.JPG

市川橋を渡って川向こう、小岩菖蒲園に行った。
まだ盛りではないにしろ、7時前から三脚を構えた写真家たちが出始めている。
私はと言えば、朝陽の照り返しを貰いながら少しだけ写した。




IMG_6295.JPG

たかがサッカーの話ですが、6月はサッカー三昧です。
代表のW杯二次予選、親善試合、調整試合、U-24の親善試合、なでしこの試合。
今月だけで8試合と楽しませてもらっています。

欧州でも大きな大会があり、テニスが無くてもサッカーが楽しめます。
さらに、大谷くんがものすごい頑張りで、嬉しい話題を提供してくれています。
土日の、週間ふりかえりスポーツニュースで、大谷コーナーがありチェックです。




IMG_6312.JPG

テレビであってもスポーツ観戦が楽しみです。
映画やドラマよりも、日本や日本人を応援するのが楽しい。
どこへも、まだ、大掛かりな旅に出られない分、スポーツ観戦を楽しむ。


いよいよ大相撲も7月場所の声が聞こえてくる。
背筋ピンピン女性、果たして、名古屋にも現れたのだったか。
それにしても、朝乃山。

大関 朝乃山に6場所出場停止などの懲戒処分 (日本相撲協会)
6場所の出場停止と50%の減給6か月の懲戒処分。
大関から陥落し、幕下以下に番付を下げることが確実。

トランプ大統領から「アメリカ大統領杯」を受け取ったのに、両名とも陥落。
代償の大きさを知った時には、時すでに遅し。
大失敗は若いうちが宜しく、やり直しはきかず、生まれ変わるしかありません。

他にもだらしない力士は横綱を筆頭に、確かにいる。
でも、朝乃山には、1年かけて生まれ変わってもらいたい。
目つき顔つきに気弱さしか見えなかったから、鬼になって帰って来てほしい。




IMG_6316.JPG

まだワクチンは終わっていないので、暫くはこそこそと生きる。
車と自転車で、こっそり移動して、写真を撮る。
読書と映画と、サッカー観戦、満たされている。

吾、唯ダ、足ルヲ、知ル。




ファイト!





ファイト!(104)  コメント(10) 

来月はオレの番だ   [日常]



求人広告で、「新型コロナウイルスのワクチン接種業務」と言うのがあった。
市川市で求められた看護士の時給は、2500円だった。
橋を渡って東京都になると、時給は、3000円だった。

興味本位で医師をチェックしてみると、応募者が少ないようで困っている模様だ。
(コロナワクチン接種会場医師業務) 東京、神奈川とあり、以下のように記載。
日給10万円以上(各運営事業者設定給与) ご相談させていただきます。

数日の講習を受けて手に入る免許ではないから、高額なのは当たり前だろう。
それでも、なり手が不足している問題点は、決定的な医師不足なのだろう。
蛇足だが福島原発の除染作業員は、特攻精神で突き進み、日当、1万4000円だった。




IMG_4620.JPG

河口湖にドライブし、裾野を探検し、樹海に親しみ洞窟を探検して遊んだ。
カチカチ山に登り、太宰がカチカチ山のパロディーを書いていることを知った。
青空文庫でその短編を読み、彼のヤブ睨みの姿勢を垣間見た。

カチカチ山( 天上山)から見る富士の稜線はなだらかで、しばし見入った。
雷かと思う轟きが聞こえ、下の富士急ハイランドからだと知った。
大阪の中学時代、修学旅行でここに泊まったことを思い出した。




IMG_4821.JPG

東野圭吾の作品で、富士の樹海が出てくるものがあった。
磁石を狂わせる場所だから、犯罪の舞台には使いやすいのかもしれない。
自衛隊の演習所は静岡側だから実弾が飛ぶ恐れもなく、散歩も長閑だ。

またドライブし遊ぶための体力をつけておこう。
少しばかりマイブームの富士山、まだ江戸側からはろくに見えない。
曇天と黄砂と靄のイタズラで、うっすらとしか見えていないのが残念。




IMG_5050.JPG

江戸川の河川敷にある小岩菖蒲園もそろそろ見ごろを迎えるかもしれない。
今週の半ばには賑やかになるのだろうか。
未明に、こんどはお邪魔するとしよう。


IMG_5087.JPG


第 34 回『第一生命サラリーマン川柳コンクール』の結果が発表された。
毎回、サラリーマンの悲哀がにじみ出て、好きなコンクールだ。
ベスト10がマスコミでも扱われるけれど、圏外にも面白い作品がある。

個人的には第18位の作品が好きだった。
ハンコ不要 出社も不要 次はオレ?
退職して「存在」の不要感を垣間見る日々に、共感しているのです。

ガンバレおやじ!
がんばれサラリーマン!
夜明けは近い、春遠からじ、待つのは大増税。




IMG_5202.JPG


5月が終わる。
何をなしえたかと、振り返ることはしない。
だって、我慢したとしか、結局は言いようがないし。

せめて、夏の甲子園、インターハイ、この夏に実現をさせてやりたい。
オリンピックだって、無観客でいいからやらせてやりたい。
若者と過ごした過去の時間が長かったから、いつでもそう思うのだ。

もっとワクチン接種に拍車がかかることを期待する。
ぼちぼち、申し込みの順番が来る。
今のところ市川での混乱はなく、文句を言わず、できることをやる。




ファイト!





ファイト!(98)  コメント(10) 

アユの身が   [日常]



たとえば、NHKで放送していた小田和正のコンサートを録画する。
台所でコンサートの曲を聞きながら、カレーを作ったりする。
なぜか、小田和正の歌を聴いていると涙が出そうになる。

玉ねぎに誘発されて涙が出るのではないことも知っている。
おそらく彼の懐かしい歌声と、歌詞に刺激された涙ではないかと思う。
彼は聞き取れない歌詞を作っていないから、聞いていて思い浮かべてしまう。




AA4I2010.JPG

金曜の朝、卸売市場へ行き、鮎を買ってきた。
以前、奥蓼科の温泉旅館で食べたような甘露煮を作ろうと思って。
圧力鍋を試運転中だが、あれこれ挑戦しまくっている。

ただ、始まった鮎を買って来て、挑戦したのだが、挫折感が濃かった。
理由は、身が崩れてしまうこと、これはショックだった。
身が崩れない鮎の甘露煮を作りたいと思うまで、暫く封印だな。




AA4I2012.JPG

今日で愛鳥週間が終わるので、写しやすい鳥を撮影した。
木曜にドライブで、ふなばしアンデルセン公園に行った。
以下、人の少ない早い時間帯に写した花、3枚を並べる。




AA4I2013.jpg


逼迫と書いてヒッパクと読む。
今までは主に「財政が逼迫する」と言う時に使われていた。
行き詰まって、ゆとりのない状態になることを意味する。

最近では、病床が逼迫と連日テレビから流れてくる。
最も病床逼迫を連呼し、嘆き、国民に我慢を強いていた日本医師会の会長。
100人規模の政治パーティーに出ていたんだとよ。

そもそもが、コロナ向けの病床を増やす努力をしない連中。
人には我慢を強いて、楽しく大掛かりな飲み会に参加しとる。
感染者の増加に合わせて病床を増やさないまま1年間、逃げ切っているし。




AA4I2014.JPG


去年の春には世界に先駆けて優等生だった台湾が、また感染拡大している。
あれこれ大胆な手を打ち始めたが、おそらく、油断だと思う。
封じ込めたというゆとりが油断を呼び、ワクチン接種が 0.1%と伸びない。

日本国はと言うと、C国の海洋進出への油断は、しっぱなし。
ただ、国は迷走していても、国民はよく我慢しとるぞ。
国民の油断よりも、変異株への対処が遅れすぎているだけのこと。




IMG_3918.JPG


大相撲夏場所、照ノ富士がものすごく強く見える。
彼が今、いちばん横綱に近いのではないかと思えるほど強い。
テレビで見ていても全く焦りはない。

水曜から観客を入れての大相撲夏場所。
今場所は、東の花道脇の最前列に、例の背筋ピンピン女性が鎮座している。
金曜は淡い藤色のマスクとワンピース、姿勢が崩れないことに驚き続ける。


ラグビー中継が終わって大相撲、いい流れだ。
昨日のラグビー実況アナウンサーが、いつも大相撲で聞く人だったので違和感。
少し声が割れた感じの特徴ある声、大相撲で聞き慣れた声だから不思議だった。

それにしても昨日のラグビー準決勝、初歩的なミスが多くて見ていて焦った。
そんなのオレでも出来るぞと勘違いしながら、知る選手の多いPanasonicを応援。
今日はどういう流れになるのか、楽しむ。


1週間で2000円近く下げた日経平均、まさかの坂で売られるニッポン。
なあ、真子さん、あの男の母上はファールやで、ここは損切りしとこ。
Sell in May, and go away. 男も売っちゃって、手放すのも一興だなここは。




ファイト!





ファイト!(119)  コメント(16) 

愛鳥週間   [日常]


大相撲夏場所は緊急事態宣言の中、無観客で開催されている。
何が残念かと言って、例の、姿勢のいいお嬢様の背筋を伸ばした姿が見られない。
また居るのか、と桟敷席の値段を考えたりするのが楽しかった。

過去の対戦をビデオで流すとき、満員の観客には、圧を感じる。
ただ、昨日の朝乃山-若隆景戦は満員なら観客が大いに沸いただろうな。
結びの正代-大栄翔も沸いただろうなと、やはり、TVで見ていても無観客は寂しい。

まだ3日目を終えた時点でも、照ノ富士の落ち着きと貫禄と強さは、光っている。
貴景勝も朝乃山も引いたら負け、粘り強く、最後まで粘って、引いてはいけない。
小兵と言える若隆景、意気が良くて牛若丸的な俊敏さ、応援しよっと。




20210510_101344.jpg

近所の公園に行った。
薔薇が手入れされていて、見ごろが近い。
最近の黄砂でどんよりした空を恨む。




20210510_101516.JPG

10日から、愛鳥週間が始まった。
5月10日から16日までの7日間だけど、鳥を愛でてみようと思った。
しかし、名前がよく分からない尾の長い鳥が、目の前を行き来する。




20210510_101517.jpg

亀が多くて驚いた。
誰かが飼っていたものを手放したのだろうか。
小さな池に、ウンザリするほどたくさんいた。

日光浴する姿に羨ましさも感じる。
なんだか鬱々する日が続くけれど、せめて太陽が出たら公園に行こう。
そんなことを思った女性だろうか、公園の手前で倒れていた。




IMG_3827.JPG


酸素ボンベをカートに載せて引きながら、杖を突いた女性が倒れた。
意識が遠のき、動けなくなっている。
正義の味方はお節介なんだよね、大丈夫ですかって、119番しましょ。

いまは、救急車を呼ぶと、追っかけて警察官もスクーターでやってくる。
老人が集まって、断片的に見たことを語りだし、警官も困っていた。
ヘルプマーク(赤地に白いプラスの形をした)札を付けた女性だった。

命に別状はいと思うが、ただ、どの程度の救いがあるのかは不明だ。
元気回復してくれよと願いながら、搬送を見送った。
救急隊員の方の防護仕様の服装は暑そうだったし、大変だわ現場。




IMG_3852.JPG

愛鳥週間、まあ、カップルで仲睦まじく。
おそらく野鳥と思うのだけど、カラスやハト以外の鳥が巣を作る。
少しばかりは自然が確保されているのだろうか、と思う。


ワクチン接種の予約で回線がパンクするなんて、どこもかしこも大騒ぎ。
ちょっと考えればわかることなんだけど、な。
GoToナンとかで、申し込み殺到でパンクした行政、役場、想像力の欠如。

もやもやする日が続くけれど、ワクチン期待のニッポン。
黄砂くん、洗車代金3000円がまた必要になり、困ったもんだ。
それでも車こそ快適空間、風を探しに、サンルーフを開けて走る。




ファイト!





ファイト!(122)  コメント(14)