So-net無料ブログ作成

運気や雲と言う流れをうまく掴み取る   [考え方]



流れというものがあると思う。
うまくいったり、いかなかったり、抵抗できたり、しきれなかったり。
運だとか運命や宿命だとか、何か縁のような流れ。

そういう流れを、直感のように感じ取ったり、取り込んだり。
今はこうするしかないのだと、諦めるわけではなく、仕方がないと。
そういうどん底にも似たような気分から、脱出できそうな兆し。

時々そんなものを感じる事がある。
そしてそれが良さそうな流れの時には、大切にしようと思う。
あるいはそれが思わしくない流れであれば、委縮はせず、しかし慎重に。

今日は13日の金曜日。
父はなぜか13と言う数字を忌み嫌っていた。
そのくせ、1月13日に亡くなっていて、本人は知らない。


さあ、今月末の締め切りに向けて、オヤジ挑戦。
アベ シンゾーではないけれど、安定と挑戦。
運気、うまく取り込んでやろうと思っている。




DSC07231.JPG


売り切れていた、我らの白くまが補充されていた。
朝晩の涼やかな風に秋を感じながらも、日中は暑いやんけ。
と、少なくとも三日は耐えられるように、妻と私の白くま、補充。




IMG_20190912_150014.jpg


三女が来ている。
浅草橋でまたもや藤芳により、とろとろトンカツを食べた。
そして日本橋まで歩き、揚げたて芋けんぴを買った。

実は拙宅、芋けんぴファン。
母も大好きだった芋けんぴ、喰わせたかったなと思える美味。
上品やんけ、と言ってしまう味、もちろん三人で食いまくった。



ファイト!





ファイト!(79)  コメント(6)